アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会】鐘嵐珠(ランジュ)は炎上騒動で嫌われキャラになった? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©2013 プロジェクトラブライブ! ©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!! ©プロジェクトラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 ©KLabGames ©SUNRISE ©bushiroad : ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)

アニメも絶好調の『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』より、スクスタ2nd Seasonの新キャラとして登場した鐘嵐珠を大特集!
話題になったスクスタの炎上事件も踏まえ、彼女の特徴や魅力についてまとめました!

鐘嵐珠(ショウ・ランジュ)キャラクター概要

ゲームアプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)』に登場する女性キャラクター。
私立虹ヶ咲学園の普通科に通う2年生で、香港からの留学生。
虹ヶ咲学園理事長の娘でもあります。

淡い色の髪を腰の辺りまで伸ばしたロングヘアで、サイドをアレンジしています。
ライブ時にはシニヨンを二つ作り、フロントに髪飾りを付けています。
口癖は「無問題ラ(モーマンタイラ)」

スクスタでは第19章10話より登場。
三船栞子(みふね しおりこ)の幼なじみ且つ大親友(ランジュ談)で、母と親友がいる私立虹ヶ咲学園へ天才作曲家のミア・テイラーと共に転入し、「スクールアイドル部」を設立しました。

独善的な性格で、自分の価値観や行動が正しいと信じて疑わず、それを他者にも強引に押しつけるタイプ。
ただし悪気はなく、また他者を悪く言うこともなく、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のメンバーに対しても「磨けば光る原石」と、その素質を称賛しています。

拒絶される際にも「自分はこんなに正しいことを提示しているのにどうしてこの人は言う通りにしないんだろう」と本気で思っているようです。
そのため、他者の意見を聞き入れることはなく、全て自分で判断します。

スクールアイドル部はスクールアイドルフェスティバルに触発されて設立しており、彼女なりにスクールアイドルを愛している模様。
また、アイドルとしても天才的な才能を発揮しており、オーディエンスを引き込む力は同好会メンバーも揃って称賛するほど。
その上で専属のプロに協力を仰ぎ、最高の環境を作ってクオリティを最大限に引き上げることこそ至高との持論を持っています。

2020年11月現在、アニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』への出演はありません。

担当声優は法元明菜(ほうもと あきな)さん

ランジュ登場で大波乱! ニジガク分裂

https://twitter.com/LLAS_STAFF/status/1311138703599898627

ランジュを語る上で、どうしても無視することができない出来事があります。
2020年10月31日に公開されたスクスタの2nd Season始動となるメインストーリー第20章の内容について、多くのファンが怒り心頭となりSNSで不平不満をぶつけた「スクスタ20章炎上事件」です。
この炎上に、ランジュは少なからず関わっているのです。

ではその炎上事件について、ランジュの関わりを中心に振り返っていきます。

ランジュが最初に登場したのは、2020年9月30日に公開された第19章10話
この時は、Intermission編を挟んで2nd Seasonに突入する上での導入部だったので、あくまで顔見せ程度
それでもランジュがどういうキャラなのかは十分把握できるだけの濃さを見せつけていましたが、彼女がどのように同好会メンバーに関わっていくのかは未知数だったため、ファンの大半が期待しつつ見守っていたと思われます。

しかし、その後に公開された第20章1話で、事態は一変しました。

第20章の冒頭は、約2ヶ月間の海外留学から帰ってきたスクスタ主人公のあなたちゃんが帰ってくる場面から始まります。
当然、彼女はこれから始まる同好会メンバーとの新たな日々に胸躍らせていましたが……そこで彼女が目撃したのは、知らない人(ランジュ)と一緒にステージに立っている朝香果林(あさか かりん)、宮下愛(みやした あい)、三船栞子(みふね しおりこ)の3人でした。

ただ、その時は事情を全く知らなかったので、ステージ上の全員が歌うとばかり思っていました。
しかしメインパフォーマーはランジュ1人で、後の3人はバックダンサーと中須かすみ(なかす かすみ)から聞かされます。
そして直後、かすみから衝撃的な事実が伝えられました。

ステージに上がっていた4人はスクールアイドル同好会ではなく、転入生のランジュが設立したスクールアイドル部
果林、愛、栞子の3人は同好会からスクールアイドル部へと移籍したと言うのです。
更にその後、桜坂しずく(おうさか しずく)もスクールアイドル部へと移籍し、4人が離脱するという事態に陥りました。

その首謀者となったのがランジュ
ランジュが個別にメンバーを引っ張った訳ではありませんが、全員に対し転部を実質強要しており、彼女の行動によって同好会が分裂するという衝撃的な展開が訪れたことで、ファンが騒然となりました。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ