アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会】エマ・ヴェルデはラブライブ史上最も○○なスクールアイドル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2020年秋放送のアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』より、虹ヶ咲メンバーの1人、エマ・ヴェルデを大特集!
転入生組であり、シリーズ初の外国人スクールアイドルとなった彼女の特徴や魅力を徹底解剖します!

エマ・ヴェルデ キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』に登場する女性キャラクター。
私立虹ヶ咲学園の国際交流学科に通う3年生で、身長166cm、スリーサイズはB92・W61・H88。
制服姿の際にはカーディガン等を身に付けず、上着をスカートの中に入れています。

普段の髪型は、赤毛を三つ編みにした二つ結び。
ライブの際には編み込みを解き、ミディアムロールにしています。

最大の特徴はそばかす。
ただし、アニメではかなり簡略化されています。

ゲームアプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS(スクスタ)』では第1章8話より登場。
元から同好会に所属しており、中須かすみ(なかす かすみ)の策略によって近江彼方(このえ かなた)を部室に連れて行った際に鉢合わせとなり、主人公・あなたちゃんたちと出会います。
アニメでは第1話より登場し、優木せつ菜(ゆうき せつな)の説得を行う際に同好会に合流、アニメ版主人公・高咲侑(たかさき ゆう)らと共に再出発することになりました。

スイスの自然豊かな大地で育った8人兄弟の長女。
実家でスクールアイドルの動画を兄弟たちと一緒に観て育っており、スクールアイドルに憧れを抱き日本への留学を決意しました。
スクールアイドルに対する想いは強く、研究を重ねてきたため知識も豊富で、その情報量は同じスクールアイドルオタクのせつ菜にも匹敵するほどです。

おっとりとした温厚な性格で、自然を愛する心優しい子。
動物に対しての免疫もかなりあり、蛇すら全く怖がらず平然と対応していました。

日本のパンが大好きで、頻繁に買い食いしています。
どんなパンでも好きで、食パンの耳であっても幸せそうに食べています。
同時にかなりの大食漢ですが、人一倍運動するため太ることはない模様。

イメージカラーは「ライトグリーン」
同じ虹ヶ咲メンバーの彼方、天王寺璃奈(てんのうじ りな)、かすみと4人組ユニット「QU4RTZ」を組んでいます。

担当声優は指出毬亜(さしで まりあ)さん

スクールアイドル史上初の純粋な外国人

出典 : Amazon.co.jp

これまでのスクールアイドル、すなわちμ’sとAqoursには、ハーフやクォーターは存在していました。
μ’sの絢瀬絵里(あやせ えり)は祖母がロシア人ですし、Aqoursの小原鞠莉(おはら まり)は父親がアメリカ人ですね。
しかし、純粋な外国人は1人もいませんでした。

それに対し、エマは純粋なスイス人
ラブライブシリーズ史上初となる外国人スクールアイドルです。

ただ、彼女の場合は外国人という感じはあまりありません。
ラブライブのスクールアイドルは髪の色がカラフルなので、赤毛であっても特別目立ちませんし、何よりエマの場合は日本語がほぼ完璧。
マリーはハーフらしくネイティブな発音の英単語を多用していましたが、エマの場合は日本人と比べても全く遜色ない流暢な日本語で喋ります。

ただし、日本の文化を網羅している訳ではなく、ひなまつりのようなメジャーな行事であっても知らなかった模様。
また、ギャル語のような特殊な日本語も理解が追いつかないらしく、宮下愛(みやした あい)との会話は彼女にとって未知との遭遇のようです。

スイスの公用語はドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つですが、エマはイタリア系のスイス人なので、日本でもたまにイタリア語を使用しています。
日本と日本のスクールアイドルが大好きな彼女ですが、故郷のスイスへの想いも強く、伝統文化をこよなく愛し、故郷のお菓子を作るのも得意です。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ