アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【魔王学院の不適合者】2期の可能性を徹底検証! 配信好調で勝算アリ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2020年夏に放送され、多くのアニメファンを惹き付けた『魔王学院の不適合者』のテレビアニメ2期が制作される可能性を徹底検証!
円盤売上、配信、原作の伸びや現在のストックなど、様々な観点から続編が作られるかどうかを探っていきます!

突き抜けた「なろうアニメ」にネット民が沸騰!

出典 : Amazon.co.jp

『魔王学院の不適合者』のアニメ化は果たして成功したか否か。
その判定および詳細は後述しますが、少なくともアニメファンの間で大いに盛り上がったアニメだったのは間違いないでしょう。

では、そんな本作がアニメ化に至った過程を振り返っていきます。

原作は、秋先生が2017年4月より小説家になろうに投稿を始めたWeb小説。
正式タイトルは『魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』で、神を含めたあらゆる種族を滅ぼした“暴虐の魔王”アノス・ヴォルディゴードが、長年続く戦乱の日々を終わらせる為あえて命を落とし、2000年後に転生して自分の子孫たちと新たな人生を歩む学園ストーリーが描かれています。

他の無双系作品を霞ませるレベルで圧倒的過ぎる実力を示す魔王アノスの戦闘描写に、投稿開始直後から注目が集まり、早々に日間1位を獲得。
そのまま総合週間1位、そして総合月間1位を獲得し、投稿から僅か8ヶ月で書籍化が発表され、2018年3月より電撃文庫からの刊行がスタートしました。

イラストを担当することになったのは、『艦これ』の島風などをデザインしたことで有名な人気絵師、しずまよしのり先生
小説でも『マージナル・オペレーション』『ゼロから始める魔法の書』といったヒット作の挿絵を手がける“SSR絵師”の援護を受けたこともあって、発売から僅か10日で重版がかかりました。

その後も次々と重版を重ね、勢いそのままにマンガUP!でコミカライズの連載もスタート。
かやはるか先生が作画を担当したこの漫画版もヒットし、シリーズ累計発行部数が85万部に達した2019年10月、テレビアニメ化が発表されました。

ここまでは極めて順調に来ていた『魔王学院の不適合者』ですが……新型コロナの影響により、放送時期が2020年春から夏に延期してしまいます。
原作ファンをはじめ、放送を楽しみにしていたアニメファン、なろうファンは3ヶ月待たされることになり、しかも春には『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』『八男って、それはないでしょう!』が放送され、なろうアニメの供給がやや多くなっていたため、食傷気味になっている人が多いのでは……と懸念する声もあがっていました。

しかし放送が始まるや否や、これまでのなろう主人公とは桁が違う強さを見せつけるアノス様にアニメファンも興奮し、ネット上では放送を重ねる度にアノス様を讃える声が増加。
「殺したぐらいで、俺が死ぬとでも思ったか」に代表される、「○○だからといって、△△だと思ったか」という彼の決め台詞も人気を博し、大勢の視聴者を虜にしました。

円盤売上はまずまず、配信は好調!

出典 : Amazon.co.jp

2期が作られるアニメが、必ずしもBlu-ray・DVD(円盤)売上で高い数字を出しているとは限りません。
近年は独占配信権をはじめ様々な資金調達の方法が確立されているので、よりその傾向が強まっています。

とはいえ、円盤売上が高いに越したことがないのは事実。
円盤が好調な作品は「太い客がいる」証であり、そういった作品には製作委員会の各企業も安心して出資ができるものです。
1期に出資していた企業が2期も継続して支援するとなれば、2期の企画は非常にスムーズに通ることになるでしょう。

それを踏まえた上で、アニメ『魔王学院の不適合者』が成功したかどうか、2期を制作されるだけの結果を残しているかどうか、判定していきます。

まず第1巻の円盤売上ですが、2700枚という結果が出ています。
これは近年のアニメ不況を考慮すればまずまずの数字ですが、円盤売上だけで2期がほぼ確定と言えるほどではありません。
比較的若年層に人気が高いアニメという印象なので、高額な円盤を大ヒットさせるのは難しかったと思われます。

一方、配信に関しては好調です。

Netflixでは「今日のTOP10」で毎週1位を獲得
Amazonプライム・ビデオでも同時期に放送された他のアニメと比べレビュー数がかなり多く、利用者の多さが窺えます。
そして、アジア圏での配信の好不調がわかる「ビリビリ動画」の再生数ですが……残念ながら『魔王学院の不適合者』は台湾限定配信なので、その人気を推し量ることはできません。

次に原作の伸びを見ていきます。
『魔王学院の不適合者』はアニメ化が発表された2019年10月時点ではシリーズ累計85万部でしたが、その後順調に伸び続け、アニメの放送が始まった2020年7月には135万部に達していました。
そしてアニメ放送が終わった同年10月には160万部を突破しています。

注目すべきは、この間に漫画版のコミックスが1冊もリリースされていないこと。
実は、かやはるか先生が体調を崩しているため、アニメ放送期間にもかかわらず漫画版の連載がストップしている状態なのです。
そのため、旧巻および小説の新刊のみで85万部→160万部と倍近くまで伸ばしているのです。

こういった事情があるので、ビリビリ動画の再生数や原作及びコミカライズの売上で2期を予想するのは少し難しい作品と言えます。

例えば、同じなろう作品で既に2期を決定させている『盾の勇者の成り上がり』『ありふれた職業で世界最強』『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』は円盤売上が魔王学院とほぼ同じですが、漫画版の大きな伸びだったり、ビリビリ動画で1億再生を突破していたりと、いずれの作品も好調な要因が数字として表われています。
しかし魔王学院は上記の理由で、漫画版へのアニメ効果や動画再生数を評価しにくいため、「2期の可能性大!」とハッキリ言えないのが正直なところです。

とはいえ、全巻重版がかかるなどアニメ効果自体は顕著に出ている点、配信が好調な点を考慮すると、2期が射程内とまでは言えます。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ