アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

ファイナルファンタジーのゲームアプリまとめてみた! スマホで遊べるFFの傑作は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファイナルファンタジーXV:新たなる王国

出典 : Amazon.co.jp

2017年6月29日に配信を開始したゲームアプリで、iOS・Androidどちらでもプレイ可能。
開発はアメリカの会社、Machine Zoneが行っています。(現在はAppLovinが買収済み)

ジャンルはMMORPGですが、シミュレーション要素も強く、シミュレーションゲームやストラテジーと紹介されるケースもあります。
FFXVの舞台でもあったイオスに新しい国を建て、施設の建築や兵士の育成によって自国を大きくし、他プレイヤーと競い合う国づくりゲームです。

FFXVの世界観をベースに作られたゲームなので、FFXVのメインキャラであるノクティスたちも登場
主にFFXVにハマった人向けの内容ですが、本編との繋がりはありません。
FFXV本編は既に展開を終了しているので、FFXVの世界を今後も味わって行きたい人にとっては唯一無二のコンテンツとなっています。

課金はゲームを有利に進められる「課金パック」の購入という形で行います。
トッププレイヤーに並ぶためには相当な額の課金が必要なので、その点を踏まえた上で課金すべきかどうかを検討しましょう。

WAR OF THE VISIONS ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス 幻影戦争

出典 : Amazon.co.jp

2019年11月14日に配信を開始したゲームアプリで、iOS・Androidどちらでもプレイ可能。
開発はgumiが行っています。

FFBEの外伝作品
リオニス国第一王子モント・リオニスを主人公とした物語で、各国が覇権とクリスタルを賭けて戦う紛争を描いています。

ジャンルはタクティカルRPG
ゲームシステムは名作『ファイナルファンタジータクティクス』に準拠したものになっていて、マス目のある3Dのフィールド上を移動しつつ、アビリティなどを駆使し敵勢力と戦います。
FFBEでおなじみのキャラクターたちも登場するので、FFBEのファンゲーム的な要素もありますが、本作単独で十分楽しめる内容です。

課金は「課金パック」の購入という形で行います。
主に「幻導石」の入手が目的で、「召喚ガチャ」「アイテム購入」「ショップ・ハードクエストの更新」「スタミナ回復」などに使用します。
幻導石には「有償幻導石」と「固有無償幻導石」と「共通無償幻導石」があり、共通無償幻導石のみ無課金でも入手可能です。

有償幻導石でしか購入できないものもあり、課金することでゲームを優位に進められます。
ただし無課金でも、ある程度までは楽しめます。

2020年9月現在、1200万DLを突破しています。

終了したアプリ

出典 : Amazon.co.jp

残念ながらサービスを終了してしまい、既にプレイできなくなったゲームアプリもあります。

2014年にスタートした『ファイナルファンタジーアギト』はFF零式のプロトタイプということで注目されましたが、翌2015年にサービス終了。
タイピングRPGというFFシリーズの中では異色のタイトルだった『ファイナルファンタジー ワールドワイドワーズ』も1年半で終了しました。

2015年に開始したオンラインRPG『ファイナルファンタジーグランドマスターズ』は400万DLを突破したものの、2019年に終了。
FFVIIの人気ミニゲームをピックアップした『ファイナルファンタジーVII G-BIKE』、「ワールド オブ ファイナルファンタジー」の続編『ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ』も1年で終了しています。

2015年にスタートし、2000万DLを記録するなど長期にわたって人気を博していた『メビウス ファイナルファンタジー』も、2020年に幕を下ろしました。

一方で、オンラインサービスは終了したものの、オフライン版をプレイできるゲームアプリもあります。
2013年に配信を開始した『ピクトロジカ ファイナルファンタジー』は既にオンライン版は終了していますが、ニンテンドー3DSソフト『ピクトロジカ ファイナルファンタジー≒』は配信が継続されています。
2015年スタート『ファイナルファンタジー レジェンズ 時空ノ水晶』は、リニューアルを経て2017年にサービスを終了し、買い切り版となる『ファイナルファンタジー レジェンズII 時空ノ水晶』に移行しました。

移植作品

出典 : Amazon.co.jp

FFのナンバリングタイトルはI~VII、IX、XIII3部作がスマホアプリに移植されています。
XVはアプリ用にカスタマイズした『ファイナルファンタジーXV ポケットエディション』がありますが、移植タイトルではありません。

それ以外には、『ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-』『ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争』『ファイナルファンタジー レジェンズ 光と闇の戦士』などがリリースされています。

まとめ

FFはガラケー時代からアプリを結構たくさんリリースされていたので、ガラケーからの移植作も多く、全部チェックするとなると相当な数になります。
よって、先に自分が好きな方向性を見定めてからダウンロードの検討を行うのが無難です。
一時はオールドファン向けのゲームばかりでしたが、今は過去作未プレイでも楽しめるタイトルが増えているので、ジャンルや評判を参考に自分にとって最高のFFを見つけてみてください!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ