アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【かぐや様は告らせたい】3期&4期の可能性を徹底検証! 原作1100万部突破&2期も好評でフラグビンビンに立ってる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 : TVアニメ『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』公式サイト

1期に続き2期も大好評のアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』3期および4期を実現させる可能性を徹底検証!
現在の人気、過去のヤンジャンアニメの動向から、更なるアニメ展開が行われるかどうかを予想します!

1期に続き2期も大好評!「石上」がトレンドランキング1位に

出典 : ©赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会 : TVアニメ『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』公式サイト

2019年を総括する各種アンケートで軒並み上位にランクインし、各方面で好評を博した『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』。
その第2期となる『かぐや様は告らせたい?』が、2020年春に放送されました。

ラブコメは初期の勢いを持続するのが難しいと言われていますが、『かぐや様』は2期になっても衰えを見せず、放送される度にトレンド入りを果たすなど絶好調
円盤の予約順位も安定しており、1期同様に好調な数字が期待できます。

そんな『かぐや様』2期で原作ファンが特に注目していたのは、9巻に収録されている体育祭編でした。
このエピソードは、生徒会の一員である石上優(いしがみ ゆう)の過去を描いたシリアスなエピソード。
原作連載時から非常に高い支持を得ていましたが、その重い内容に困惑した読者も少なからずいたため、アニメでどのような演出が行われるのかに注目が集まっていました。

かくしてアニメ2期の終盤、10~11話で放送された体育祭編は……アニメファンの心を見事に掴み、大好評!
アニメオリジナルの要素として11話ラストで描写された「うるせえ、バーカ」のマジックの跡も話題になり、この11話放送後には「石上」がYahoo!のトレンドランキングで1位を獲得し、Amazonなどの通販サイトで『かぐや様』2期円盤の予約順位が急上昇するなど、大反響を呼びました。

1期に続き、2期も多くの人を楽しませてくれた『かぐや様』。
多くの人が3期への期待を膨らませています。

原作のシリーズ累計は1100万部を突破! アニメ化効果が顕著

出典 : Amazon.co.jp

アニメの続編が作られるためには、その制作費用を捻出できるかどうかが重要です。
円盤売上はもちろん、原作売上が大きく伸びていたり、配信動画の再生数が多かったり、グッズ売上や遊技機が好調だったりすれば、資金を確保できる道が開け、新企画が立ち上げやすくなります。

ただし、売れているアニメが必ずしも続編を制作されるとは限りません。
プロデューサーが企画を立ち上げ、制作環境と出資者が確保され、出版社がゴーサインを出して、初めてアニメは作られます。
例えば出版社が「これ以上アニメ化しても、出資に見合うだけの宣伝効果は得られない」と判断すれば、その時点で企画は通りません。

特に2期、3期と繰り返して行く場合は、どうしても鮮度の観点から宣伝効果は落ちていきます。
1期で出資に見合った効果を得られなかった出資者が参入を断念すれば、また新しい出資者を探さなければなりません。
時勢によって各出資者の方針も変わります。

ここでは、出版社のモチベーションをはかるべく、原作売上に焦点を当てていきます。

・『かぐや様は告らせたい』累計発行部数推移

2016年*9月 **20万部(*2巻)
2016年10月 **30万部(*3巻)
2017年*1月 **50万部(*4巻)
2017年*4月 **80万部(*5巻)
2017年*7月 *100万部(*6巻)
2017年10月 *145万部(*7巻)
2018年*2月 *200万部(*8巻)
2018年*4月 *210万部(*9巻)
2018年*6月 *240万部(10巻)※アニメ化決定告知
2018年*9月 *270万部(11巻)
2018年12月 *350万部(12巻)
2019年*1月 *400万部(13巻)※アニメ1期放送開始
2019年*3月 *500万部(14巻)
2019年*7月 *750万部(15巻)
2019年*9月 *800万部(16巻)※実写映画公開
2020年*1月 *900万部(17巻)
2020年*4月 1000万部(18巻)※アニメ2期放送開始
2020年*6月 1100万部(18巻)

この推移を見る限り『かぐや様』のアニメ化の効果は絶大で、1期の告知が行われた2018年6月の時点では1巻あたりの平均部数が24万部だったのに対し、アニメ放送終了後には50万部にまで伸びています。
ここまで顕著なアニメ効果が出る作品は限られており、それだけアニメの出来が良かったと言えるでしょう。

また、2期に関しても顕著な効果が見られ、新刊が発売された訳ではないのに2ヶ月で100万部を上積みしました。
巻数が嵩み新規ファンが入り辛い状況の中、2期でこれだけ成果が現れるアニメは珍しく、この時点で2期は大成功と断言していいくらいです。

実は海外でも大人気! ビリビリ動画で1億再生突破

出典 : Amazon.co.jp

円盤売上、原作売上ともに好調なかぐや様ですが、実は動画配信においても好結果を出しています。
2019年放送の1期は、niconicoの「2019年冬アニメランキング」で堂々の1位を獲得しました。

そして国内だけでなく、中国の動画共有サイト「ビリビリ動画」でも多くのアニメファンから視聴されています。

ビリビリ動画の傾向として、『転スラ』『オバロ』『リゼロ』などのなろう系ファンタジー作品、『鬼滅の刃』『ジョジョ5部(黄金の風)』などのアクション作品が特に強く、ラブコメは決して不人気ではないものの、爆発的な人気を得ることはあまりないようです。
1億再生を越える作品は滅多になく、2020年6月現在、『青ブタ』が1.4億、『俺ガイル』2期が1億再生を記録している他、『冴えカノ』1期が9850万、『五等分の花嫁』1期が8300万再生と1億まであと少しのところまで来ています。

そんな中、『かぐや様』は1期が1.9億再生、2期も既に1.1億再生を記録しています。

近年、ビリビリ動画の日本アニメの再生数はかなり伸びてきており、ある種インフレ状態になっていますが、それでも1億再生される作品はそう多くはありません。
『かぐや様』2期と同クールの作品では、早々に2期制作が決まった『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』で6200万、『プリンセスコネクト!Re:Dive』が5500万、『八男って、それはないでしょう!』が3600万再生。
まだ終了していない段階での1億突破は稀で、『かぐや様』が国内だけではなく海外でも受けていることがよくわかります。

この海外での人気も、3期を後押しする要素となるでしょう。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ