アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【俺ガイル】比企谷小町と兄・八幡は似ている? 徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : ©渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完 © 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. : TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」公式ホームページ|TBSテレビ

2020年夏放送の俺ガイル3期『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』より、八幡の妹・比企谷小町を大特集!
アニメファンの間でも理想の妹キャラと評判の彼女ですが、果たして本当にひねくれ者の兄と同じDNAを持っているのか徹底検証します!

比企谷小町(ひきがや こまち)キャラクター概要

出典 : Amazon.co.jp

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』に登場する女性キャラクターで、本作の主人公・比企谷八幡(ひきがや はちまん)の実妹
初登場時は中学生でしたが、原作ライトノベル12巻で兄も通う総武高校に無事合格、高校生になります。
黒髪のショートヘアで、ぴょこんと伸びたアホ毛と八重歯が特徴的な美少女です。

原作1巻より登場。
とても社交的な性格で、初対面の年上相手でも全く物怖じせず会話ができる強靱なメンタルの持ち主です。

自他共に認めるお兄ちゃん子で、八幡の一番の理解者と言える存在です。
普段からなんでも言い合える仲で、ズケズケと遠慮なく発言する一方、常に相手を思いやる言動をします。
良き妹っぽい自身の発言には「小町的にポイント高い!」と自画自賛し、その後八幡がシスコンっぽい発言で「八幡的にポイント高い」と返すと辛辣なツッコミで応酬するのが定番の流れ。

なんだかんだ兄からも溺愛されていますが、それ以上に父から溺愛されているらしく、「近づく男は兄でも殺す」と明言されている模様。

気さくで明るい性格ながら、心の中ではあれこれと策略を立てる一面があります。
しかしそれは全て兄をはじめとした他者に助力するためのもので、エゴイズムはほとんど見せません。
兄に対しての独占欲も表に出さず、彼が周囲の女性、特に雪ノ下雪乃(ゆきのした ゆきの)または由比ヶ浜結衣(ゆいがはま ゆい)とくっつくよう画策する場面がしばしば見受けられます。

担当声優は悠木碧(ゆうき あおい)

兄との共通点1:雰囲気

出典 : Amazon.co.jp

小町と八幡は兄妹ですが、外見に関してはアホ毛という共通点以外はあまり似ていないように見えます。
八幡は基本腐った目をしていますし、笑顔も大抵ぎこちなく、良くも悪くも達観したような顔をしています。
それに対し、小町はいつもキラキラした目をしていて、心から楽しそうに笑っています。

八幡本人も「俺も小町が俺に似なくてよかったと思ってるくらいだし」との発言から、似ていないと認識しているようです。
彼いわく、自身は父親似で小町は母親似とのこと。

ただし、気を抜いている時や嫌そうな時の顔は似ているという自覚があるみたいです。
そして、川崎沙希(かわさき さき)の妹で保育園児の京華(けいか)は、2人のことを「にてる」と判断しました。

実は、このことはかなり意味深長です。
というのも、幼児は他者の顔を認識する上で、顔のつくりそのものよりも性格や表情で判断する傾向があるからです。
まだ認知機能が発達していないため、視覚的な合理性よりも雰囲気や顔つきに共通点を見出しているのかもしれません。

これらのことから、小町と八幡は性格や雰囲気が似ていると判断できます。
子供っぽいようで、ふとした時には少し大人びていて、八幡自身その点は似ていると感じているようです。

兄との共通点2:周囲に気を遣いすぎる

出典 : Amazon.co.jp

比企谷兄妹は、内面も一見すると真逆です。
世の中を穿った解釈で捉え、ネガティブ思考がデフォルトで、常に心の中で皮肉を呟いている八幡に対し、小町はポジティブシンキングの塊。
ただしあまり頭が良くないため脳天気とも言え、何かと慎重で些末主義なきらいさえある八幡とは対照的ですね。

そんな2人ですが、実際のところ内面に関しては共通点もいくつかあります。
最も顕著なのは、両者とも周囲に気を遣いすぎるところです。

八幡は他者に対して平気で心の中で悪態をつきます。
そして実際に攻撃的な言葉を発することも珍しくありませんが……その大半は自分に悪意を向けた相手や、尊厳を踏みにじられたと感じた時、そして「そうする事が場を収める上で最適」と判断した時。
自分がヘイトを集めるのを甘受して、厄介ごとを一時収束させる手法をよく用います。

この件に限らず、八幡は常に周囲の人間の思惑に気を配り、行動の裏を読みます。
それは周囲に気を遣い過ぎていると言うこともできますし、雪ノ下陽乃(ゆきのした はるの)の言葉を借りれば「悪意に怯えている」とも言えるでしょう。

一方、小町も主に家族に対してかなり気を遣っています。
高校受験の際も、不安と緊張を押し殺し、兄や両親に心配をかけないよう努めて冷静にふるまっていました。
忙しい両親の助けになるべく家事を磨き、面倒臭い兄のガス抜きを行うなど、その気遣いは最早天使の粋に達していると言えます。

特に共通しているのは策士という点。
腹黒と言い換えることもできるでしょう。
気遣いの人だけど、それを表に出さないところも良く似ていますね。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. アバター
    • わび
    • 2020年 8月 21日

    凄い考察流石です!小町好きなので新しい事色々しれて良かったです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ