アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【プリコネR】コッコロは何故ママなのか? ネタバレまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : © アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」製作委員会 : アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive (プリコネR)」公式サイト | Cygames

2020年春アニメ『プリンセスコネクト!Re:Dive』のメインキャラクターで美食殿の一員・コッコロを大特集!
ファンから「コッコロママ」と呼ばれ絶大な人気を誇っている理由を、彼女の魅力や主人公との接し方を交えつつ検証します!

コッコロ キャラクター紹介

出典 : © アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」製作委員会 : アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive (プリコネR)」公式サイト | Cygames

『プリンセスコネクト!Re:Dive』に登場する主要キャラクターの1人。
自ら動くことの出来ない事情を抱える妖精アメスの巫女で、アメスからの託宣に従い、記憶喪失状態の主人公・ユウキを導く任に就きます。

種族はエルフで、年齢は11歳
ゆるふわな銀髪ショートで、大きな花の髪飾りが特徴。
エルフらしく耳は尖っていて、緑を基調とした衣服を着用しています。

与えられた任務に対し忠実で、ユウキに対しては初対面時から「主様」と呼び慕い、甲斐甲斐しく世話を焼きます。
同時に戦闘要員でもあり、モンスターと遭遇した際には補助係としてパーティに貢献します。

ユウキとの旅の途中で謎の大食い女性ペコリーヌと出会い、彼女の提案によって獣人族のキャルも加えたメンバーで食べ歩きギルド「美食殿」を結成し、その一員となります。

穏やかで心優しく、面倒見が良い性格。
ユウキがさらわれるなど危機に瀕した際には奇行に近い行動に走るなど、天然気味なところもあります。
ユウキが他の女性と親しくしているとヤキモチを焼くことも。

趣味は瞑想、および動植物の観察。
森育ちのエルフのため、虫に対しては全く抵抗がなく、野性味のある行動を見せることも少なくありません。

担当声優は伊藤美来(いとう みく)さん

主人公を甲斐甲斐しく世話する11歳のママ

出典 : © アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」製作委員会 : アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive (プリコネR)」公式サイト | Cygames

コッコロは、ファンの間で「コッコロママ」と呼ばれています。
これには、彼女の性格である献身性や面倒見の良さだけでなく、主人公ユウキの記憶喪失が大きく影響しています。

通常、記憶喪失のキャラが失っているのは経験した出来事の記憶、すなわち「エピソード記憶」のみ。
しかしユウキはエピソード記憶だけでなく、日常生活や常識に関する知識や経験の「意味記憶」まで失っており、お金の意味すらわかりません。
要するに、ほぼ赤ちゃんの状態です。

そのため、彼の世話を仰せつかったコッコロは自然と赤ちゃんを世話するような役割になり、必然的にママとなります。
幼児対抗著しいユウキに生きるための知識を一から教え、お小遣いを渡し、服を着せ、口元を拭いてあげて……と、その世話焼きっぷりは近年流行している「ママキャラ」や「バブみ」といった言葉では表現できないレベルです。

ただ、そんなコッコロもまだ11歳なので、完全にママになりきれる訳ではありません。
子供っぽいところを見せる場面も多々あり、独占欲を覗かせるなど、母性以外の感情も時折垣間見えます。

ママであってもママキャラではない、それがコッコロの魅力であり個性です。

ミッフィー顔はアニメオリジナル

出典 : © アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive」製作委員会 : アニメ「プリンセスコネクト!Re:Dive (プリコネR)」公式サイト | Cygames

プリコネRのアニメはとても評判が良く、特にコッコロの可愛さに対する反応はネット上で非常に多く見られました。
その中でも多かったのが、驚いた時に口を「×」にするあの表情。
全世界で人気のウサギのキャラクター、ミッフィーの顔を髣髴とさせることからミッフィー顔と言われ、「コッコロのミッフィー顔最高」という内容の書き込みがTwitterで数多く見られました。

このコッコロのミッフィー顔、実はアニメのオリジナル要素
第1話で披露された際、アニメファンはもちろん多くの原作ユーザーも好意的な反応を示し、既にコッコロの特徴の1つとして認知されるようになっています。

ミッフィー顔がファンに受け入れられた理由は、単純に可愛いだけでなく、コッコロというキャラの特徴と絶妙にマッチしている点が大きいと思われます。
×の口は驚き顔としては控えめな感情表現ですが、それが献身的で穏やかなコッコロのイメージと見事に合致しています。

また、「ママキャラ」と「11歳」のギャップを埋めるという点においても、有効に働いています。

アニメやゲームのキャラは、例え見た目が幼くても実年齢は結構上のケース、エルフや魔女のような寿命の長いキャラが幼い外見のままでいるロリババアのケースもあり、容姿が幼い=低年齢とは限りません。
コッコロは実際に低年齢のキャラですが、ママと呼ばれるほど母性を感じさせるキャラで、しかもエルフなので、ゲームをプレイしていないアニメファンが設定を知らずに観れば「実は見た目ほど若くないんじゃ?」と思いがちです。
しかし、このミッフィー顔によって、感覚的にコッコロが実際に幼いキャラだと認識することができます。

そういう意味でも、非常に素晴らしいアイディアと言えますね。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ