アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【球詠】天才・中村希とイチャイチャするのはマネージャーの川口芳乃? 百合検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2020年4月に放送が始まった野球×きららのアニメ『球詠』より、新越谷高校野球部に所属する天才バッターの中村希とマネージャーの川口芳乃についてまとめました!
当初はあまり接点のなかった2人が親密になるまでの過程を徹底検証します!

中村希(なかむら のぞみ)キャラクター紹介

出典 : ©マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部 : TVアニメ「球詠」公式サイト

『球詠』に登場する女性キャラクター。
新越谷高校の女子野球部に所属する1年生で左投げ左打ち、守備位置は主に一塁で、外野もできます。
背番号は3。

金髪のボブカットで、フラワーモチーフのヘアピンを付けています。
身長は155cmとやや小柄。

野球王国の福岡出身で、博多弁を用います。
中学時代は強豪の箱崎松陽で打率7割を超える主力選手として活躍。
新越谷高校野球部が現在、過去の不祥事による活動謹慎で部員のほとんどが辞めてしまい上級生が2人しかいない壊滅状態なのを知らず、実績だけを見て入学してしまったようです。

一時は転校も考えたものの、新入部員として野球部の再建を目指す武田詠深(たけだ よみ)、中学時代に全国出場経験のある山崎珠姫(やまざき たまき)、野球は素人ながら剣道で全国優勝の経験を持ちパワーヒッターの素質を見せる大村白菊(おおむら しらぎく)らに刺激を受け、入部を決意。
以降は野球部随一の打撃技術を武器に、攻撃面の要としてチームを引っ張っていきます。

バットコントロールとミート技術は抜群で、有力校のエースからも一目置かれるほど。
練習試合では打率.523、三振0を記録するなど、圧倒的な成績を残しました。
一方、得点圏で結果が出ず(7の0)一時期悩んでいましたが、無事克服し、リードオフマンも4番も任される万能のバッターとなっています。

趣味が打撃研究と記載されているように、野球に対しては常にストイックで真面目な選手です。
性格も真面目ですが、実力の割にネガティブに物事を捉えることが多く、一人で悩みを抱え込んでしまうタイプ。

担当声優は野口瑠璃子(のぐち るりこ)さん

川口芳乃(かわぐち よしの)キャラクター紹介

出典 : ©マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部 : TVアニメ「球詠」公式サイト

『球詠』に登場する女性キャラクター。
新越谷高校の女子野球部に所属する1年生で、マネージャーを務めています。
背番号は10。

同じ野球部の川口息吹(かわぐち いぶき)の双子の妹
ボブカットの両脇をツーサイドアップにまとめた髪型で、二つ結いの息吹と差別化しています。
身長は155cmとやや小柄。

プレイヤーではないものの熱烈な野球ファンで、中学時代から有力選手は軒並みチェックするほど徹底したマニアぶり。
データ分析を趣味としており、味方はもちろん、相手選手の能力についても詳細まで調べ上げ、対策を練っています。
一方でミーハーな一面もあり、自分が見込んだ選手や著名なプレイヤーにはサインを貰い、自室にはサインボールやポスターなど野球グッズを多数展示していて、あまり他人を入れたがらない様子。

家が近所ということもあり、昔から新越谷高校野球部のファンで、子供の頃に選手から優しくしてもらったこともあり入学を決意。
自ら志願してマネージャーとなりました。

役割は非常に多く、チームの栄養管理、現在の能力や体調のチェック、更には精神的なケアまで行いつつ、顧問の藤井(ふじい)先生と共に練習プランを立て、試合前や試合中には作戦を立案し、サインも出しています。
更にはノックやベースコーチも担当し、疲労困憊の選手にはマッサージを行うなど、まさにフル稼働。
選手のマネージメントとチームの参謀役を同時に担う、新越谷高校野球部の隠れた支柱と言える存在です。

担当声優は白城なお(しらき なお)さん

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ