アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【セーラームーン】何故はるみちは百合界のカリスマと呼ばれるのか【徹底検証】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

2020年放送の『推しが武道館に行ってくれたら死ぬ』や、2019年放送の『やがて君になる』など、現在では定番となった百合アニメですが、その頂点とも言える百合界のカリスマの存在をご存知でしょうか?
国民的アニメ『美少女戦士セーラームーン』はるみちこと、天王はるか海王みちるのカップリングです。ウラネプ(セーラーウラヌスとセーラーネプチューン)とも呼ばれています。

今回は二人が何故界隈でカリスマと呼ばれているのか。その歴史的背景と、二人の濃密な関係性について迫っていきたいと思います。

国民的アニメ『美少女戦士セーラームーン』とその歴史について

美少女戦士セーラームーンの名前を、知らない人はほとんどいないかと思います。
しかしながら、令和を迎えた今、その内容まで知っているという人は減ってきているのかもしれません。
そこで、まずは簡単に振り返っていきましょう。

1992年〜1997年にかけて少女漫画雑誌『なかよし』にて連載。同時期にアニメ化もされ、爆発的な大ヒットを記録しました。
作者は武内直子先生です。女性が変身をして、戦隊として戦うという設定は、当時としては非常に画期的で、後の少女漫画や少女向けアニメに大きな影響を与えたのはいうまでもないでしょう。
後に続いたおジャ魔女どれみや、ぴちぴちピッチ、プリキュアなどもこの作品から強くインスピレーションを受けているとされています。(制作スタッフが被っていたりもします。)

大ヒットを記録、現在でも絶大的な知名度を誇っている国民的アニメ美少女戦士セーラームーンですが、この時代ならではのシナリオに関する話があります。
原作と旧作ではシナリオが少し改変されています。
今ほどアニメが普及もしていなかったために、原作をベースに万人受けするシナリオに改変をされています。
今回は大ヒットした1990年代に放送された美少女戦士セーラームーンのアニメをベースにお話をします。

作品の主人公は月野うさぎちゃん。初期の設定ではちょっとおっちょこちょいで泣き虫な中学二年生です。彼女はごく平凡な中学生として登場しますが、タイトルの名前の通り『セーラームーン』に変身して敵と戦っていくことになります。
昼間は中学生、夜は正義の味方(実際には時間帯は夜に限りませんが・・・。)という二重生活を送りながら、前世からの因果と運命に翻弄されていくというのが物語の大筋です。
その際に仲間となって戦うのが、恋人のタキシード仮面と、9人のセーラー戦士たちです。

天王はるかは「天空の星 天王星を守護に持つ 飛翔の戦士 セーラーウラヌス」

出典 : Amazon.co.jp

天王はるかは無限学園に通う高校生です。
初登場時から海王みちるとペアで登場しており、変身後には理想のイケメン理想の美少女の風貌で「新たな時代に誘われて…」のセリフと共に登場するシーンは、既にカリスマ性を放っていました。

制服は男子制服を着用しており、趣味はバイクに乗ることと、非戦闘時のセリフとしては「寝言はベッドでしか聞かないことにしている」や「子猫ちゃん」などがあり、どこまでも女性がうっとりしてしまう完璧なイケメンなのが彼、もとい彼女です。相棒の海王みちるからはイケメンが嫌いと評されている通り、イケメンが登場するとムッとするなど、その子供っぽい表情もまた魅力的です。

海王みちるは「深海の星 海王星を守護に持つ 抱擁の戦士 セーラーネプチューン」

出典 : Amazon.co.jp

海王みちるは無限学園に通う高校生です。
はるかとは異なり、通常の女子学生用のセーラー服を着て着用して登場しますが、月野うさぎが着用している十番中学の制服と比べると、大人っぽい雰囲気を放っています。
はるかが理想の彼氏像の体現だとすると、みちるは理想の女性像の体現として登場しました。

海王みちるは趣味でヴァイオリンを嗜んでいますが、コンサートで演奏する海王みちるはまさに高嶺の花といった雰囲気でした。
はるかはピアニストとしての側面を持ち合わせており、二人で連弾する様に視聴者はうっとりしたことでしょう。

また、名前にを持つ星を守護に持つこともあり、水に関わることにも自信があることがわかります。これまでのシリーズで水の戦士として戦ってきた水野亜美とは水泳対決で勝利を納めており、その能力の高さも描写されています。(ただこの戦いでは、水野亜美は加減をしており、そのことについてみちるは気づいており、指摘しています。)

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ