アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

2019年アニメTOP10! 売上、配信、アンケートなどのランキングTOP10をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンケート総合TOP10

出典 : Amazon.co.jp

*1位:57pt 鬼滅の刃
*2位:28pt かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~
*2位:28pt 進撃の巨人 Season3
*4位:20pt PSYCHO-PASS サイコパス 3
*5位:19pt ケムリクサ
*6位:18pt からかい上手の高木さん2
*7位:14pt 盾の勇者の成り上がり
*8位:12pt まちカドまぞく
*8位:12pt 彼方のアストラ
*8位:12pt ヴィンランドサガ

このランキングは、以下の各アンケートの結果について1位=10pt、2位=9pt …… 10位=1ptと換算し、算出された合計ポイントからTOP10を決定したものです。

参考アンケート
・アニメイトタイムズ「あなたが選ぶ2019ベストアニメは何!?」
・アニメ!アニメ!「2019年で一番好きなTVアニメは?」
・AT-X「AT-Xアニメランキング 2019!」
・東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2020 アニメ オブ ザ イヤー部門「みんなが選ぶベスト100」
・goo「最も面白い深夜アニメランキング」
・5ch「5ch民が選んだベストアニメランキング2019」

2位にダブルスコアの差をつける圧倒的なポイント数で1位に輝いたのは、セールス・配信ともに2位の鬼滅
6つの全てのアンケートでTOP3に入り、その内4つで1位というかつてない強さを見せ、2019年を代表するアニメに相応しい圧倒的評価を得ています。

これだけの評価を集めた最大の要因は、やはり作画のクオリティでしょう。
19話だけでなく、それ以外の回のバトルシーンも軒並み高水準の作画で、迫力・スピード・滑らかさなど、あらゆる面で視聴者をシビレさせました。
特に、アクションシーンの多い作品を好む海外のアニメファンからの支持は絶大で、中国の大手動画サイト「ビリビリ動画」で歴代最高となる3.8億再生を記録。
国内外において驚異的な広がりを見せています。

2位は同点でかぐや様進撃の2作品が並んでランクインしました。

かぐや様は6つのアンケート全てでTOP10入りを果たしており、非常に幅広い層に受けたアニメと言えます。
特に藤原書記がヌルヌルダンスを披露する3話の特殊ED「チカっとチカ千花」はネット上でバズり、その動画はアニメ放送後も伸び続け、1300万再生を突破。
声優陣も軒並み評判が良く、安定したクオリティに話題性も加わったことで、多くのアニメファンから高評価を得たようです。

進撃3期はセールスこそ落としましたが、内容の評価は2期の頃よりむしろ上向き。
特に獣の巨人との戦闘を描いた第54話は、作画・内容ともに抜群の評価を得ています。

4位は、5年振りの続編となった『PSYCHO-PASS サイコパス 3』
全話1時間枠で放送され、狡噛(こうがみ)、宜野座(ぎのざ)ら旧シリーズの人気キャラが登場すると即座にトレンド入りするなど、かなりの反響がありました。
事前に3部作「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」を見ておかないと一部理解し難いシーンがあったり、テレビシリーズで完結せず劇場版で続きを描くことになったりと、視聴者を置いてきぼりにする要素も目立ちましたが、ファンからは厚い支持を得ています。

5位にはセールスでも大健闘したケムリクサが入りました。
アニメイトタイムズおよびアニメ!アニメ!で2位を獲得しており、好きな人にはかなり深く刺さっていることが窺えます。

6位の『からかい上手の高木さん2』はgooのアンケートで3,636票を獲得し3位に入るなど、3つのアンケートでTOP10にランクイン。
特に後半のエピソードは人気が高く、評価面では1期を上回っています。

7位の盾の勇者は、なろうアニメ唯一のランクイン。
8位の『まちカドまぞく』はきららアニメで久々のヒット作となり、「シャミ子が悪いんだよ」が流行語になるなど、ネット上で絶大な支持を得ています。
同点8位の『彼方のアストラ』『ヴィンランドサガ』は共にストーリーが高く評価されました。

テレビアニメ主題歌売上TOP10

出典 : Amazon.co.jp

*1位:紅蓮華 / LiSA(鬼滅の刃 OP)
*2位:お願いマッスル / 紗倉ひびき(ファイルーズあい)(ダンベル何キロ持てる? OP)
*3位:RESISTER / ASCA(ソードアート・オンライン アリシゼーション OP)
*4位:Touch off / UVERworld(約束のネバーランド OP)
*5位:ラブ・ドラマティック / 鈴木雅之(かぐや様は告らせたい OP)
*6位:インフェルノ / Mrs. GREEN APPLE(炎炎ノ消防隊 OP)
*7位:from the edge / FictionJunction feat.LiSA(鬼滅の刃 ED)
*8位:unlasting / LiSA(ソードアート・オンライン アリシゼーション ED)
*9位:Phantom Joke / UNISON SQUARE GARDEN(Fate/Grand Order OP)
10位:君に届くまで / Little Glee Monster(MIX ED)

(2019年初出の曲限定)

2019年のアニソンNo.1に輝いたのは、LiSAさん「紅蓮華」です。
昨年もSAOの主題歌「ADAMAS」が大ヒットしましたが、この紅蓮華は鬼滅ブームにも乗って更に大きなヒットとなり、紅白出場まで果たしました。
その勢いで更に売上は伸び、深夜アニメの主題歌としては異例の50万DLを突破。
アニメの枠を飛び越え2019年を代表する曲の1つになっています。

2位は『ダンベル何キロ持てる?』の主題歌として大きな話題を呼んだ「お願いマッスル」
アニメ放送開始直後に公開された動画は凄まじい勢いで再生数が伸び、特に本曲に乗ってマッチョの男女が実際に筋トレに励む「Muscle Video」はなんと1700万再生を突破。
売上もCDと配信を合わせて約15万のヒットを記録しました。

3位には『ソードアート・オンライン アリシゼーション』第1部後半のOP曲「RESISTER」がランクイン。
CDと配信の合計は11万を記録し、ASCAさんにとって自己最高のヒット作となりました。

4位の「Touch off」は、ドームでライブができるほどの人気バンド・UVERworldが手がけた『約束のネバーランド』のOP曲。
これまでアニソンで何度もヒットを飛ばしてきた実績そのままに、この楽曲も合算で10万を突破しました。

5位は『かぐや様は告らせたい』のOP曲として大いに話題になった『ラブ・ドラマティック』
「もう涙はいらない」「恋人」などラブソングのヒット曲を多数持つ大ベテランのシンガー、鈴木雅之さんがアニソンを担当しただけでも驚きですが、更に合算10万を超えるヒットを記録するという偉業を達成。
作詞作曲はいきものがかりの水野良樹さんが行っています。

6位のインフェルノは、現在若者を中心にストリーミングで人気を博しているMrs. GREEN APPLEの楽曲。
7位以下は鬼滅、SAO、Fateなど、ヒットアニメの主題歌が並んでいます。
10位の『君に届くまで』は、紅白出場も果たしている人気グループ・リトグリの楽曲で、こちらも水野さんが作曲を行っています。

まとめ

今年は全部門で『鬼滅の刃』の強さが目立ちました。
海外人気の高さもあって、配信でもかなりの強さを見せているので、円盤売上の数字以上に大きなヒットになっている印象です!
鬼滅以外ではケムリクサの健闘、かぐや様の高評価が光っています。

近年は配信が好調なら円盤売上がそこまで高くなくても続編が作られる傾向にありますが、『盾の勇者』はまさにその典型ですね。
特に海外人気が顕著で、ビリビリ動画では1.6億再生に達していて、これがかなり大きかったと思われます。

2020年は更にヒットの仕方が細分化していきそうですね!

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ