アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【鬼滅の刃】ジャンプNo.1の死亡率!死亡キャラや死亡条件についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

アニメ放送・映画化・累計発行部数4000万部突破と爆発的な人気を誇る『鬼滅の刃』
そんな『鬼滅の刃』を語る上で欠かせないのが、キャラクターの死亡。主要キャラ・人気キャラ・モブに至るまで、登場するキャラが容赦なく死亡します。
2020年現在、『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画で死亡率1位と言っても過言ではありません。
今回はそんな『鬼滅の刃』におけるキャラの死亡について、下記の内容をまとめました。

・死亡したキャラ(人間側)
・竈門炭治郎の生死
・死亡する条件

佳境を迎えた物語をより楽しむためにも、これまでの激闘で散っていったキャラの勇姿を振り返っておきましょう。

『鬼滅の刃』で死亡した人間側のキャラ

出典 : Amazon.co.jp

鬼を殲滅するべく奮闘する「鬼殺隊」。選ばれし人間で構成された精鋭の集団ですが、そんな鬼殺隊と言えど、激闘の末に死亡することも珍しくありません。
これまでに下記4人の主要キャラが戦闘によって死亡しています。

煉獄杏寿郎

出典 : Amazon.co.jp

鬼殺隊の中でもさらに精鋭で構成されている柱。その1人が炎柱の煉獄杏寿郎です。
「無限列車編」において列車内にいた竈門炭治郎たちを守るため、1人で鬼の猗窩座に挑みます。
その実力は敵である猗窩座から「至高の域に達している」と評され、鬼になることを提案されるほど。さすがは柱といった実力ですね。
しかし、煉獄杏寿郎は「老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさだ。老いるからこそ、死ぬからこそ、堪らなく愛おしく尊いのだ」と誘いを断ります。
最初は互角の戦いを繰り広げていた煉獄杏寿郎ですが、猗窩座の持つ再生能力の前に敗北。竈門炭治郎に「胸を張って生きろ」と伝えて死亡します。
煉獄杏寿郎が母親から伝えられた「弱き人を助ける」という教え。母親との約束を最期まで全うした見事な死に様です。
2020年にはこの死闘が描かれる「無限列車編」の劇場版が公開予定。再び煉獄杏寿郎の活躍を目にすることができます。

時透無一郎

出典 : Amazon.co.jp

こちらも柱の1人、霞柱の時透無一郎
「上弦の壱・黒死牟」との戦いにおいて命を落としました。
鬼の中でも1番強いとされる黒死牟。柱である時透無一郎であっても1人では歯が立たず、腕を切り落とされてしまいます。
その後、自らの刀で串刺しにされることに。一思いに殺されない状況に読者も阿鼻叫喚。他の仲間の助けもあって一時は危機を脱するわけですが。
最期は胴体を一刀両断され、絶命。時透無一郎が死ぬ覚悟で突き刺した刀が起点なり、黒死牟を倒すことに成功します。
『鬼滅の刃』では欠損シーンも描写されるため、時透無一郎がやられていく姿は痛々しく思わず目を背けたくなりますよね。
衝撃的なのが享年14歳ということ。14歳の少年が死亡するという事実が『鬼滅の刃』のシビアな世界観を物語っています。

胡蝶しのぶ

出典 : Amazon.co.jp

毒を操ることを得意とする蟲柱の胡蝶しのぶ
「上弦の弐・童磨」との戦いで命を落とすことになります。
基本的に鬼は頚を切り落とさなければ死亡しません。しかし、胡蝶しのぶは非力ゆえに頚を切り落とすことが不可能です。
そこでを使って鬼を倒す方法を編み出します。他の鬼殺隊とは違った鬼の倒し方をするわけです。
童磨との戦いでもこれまで同様に毒を使った戦闘を繰り広げますが、童磨は毒を無効化する鬼。頼みの毒が効かないという相性最悪の敵を前に消耗し続ける胡蝶しのぶ。
一瞬のスキを突かれ、胡蝶しのぶは童磨の中へと吸収されてしまいます。
敵に吸収されて死亡、死体も残らないという悲しい最期を遂げるのです。

不死川玄弥

出典 : Amazon.co.jp

鬼殺隊の1人、不死川玄弥
不死川玄弥も時透無一郎と同じく黒死牟との戦いで死亡します。
不死川玄弥が持っている「鬼食い」と呼ばれる能力。鬼の一部を食べることで、一時的に鬼と同等の怪力や再生能力を手に入れることができます。鬼に近づくため、理性や判断力といった人間らしさが低下するというデメリットがありますが。
黒死牟との戦いにおいて黒死牟の髪の毛を食べた不死川玄弥。鬼の力を使って銃で応戦しますが、腕を切り落とされ、胴体を両断されてしまいます。
半身となってもなお仲間の役に立とうとする不死川玄弥は、黒死牟の刀を取り込むことに。あまりに強大な力によって不死川玄弥は完全に鬼になってしまいます。
どうにか理性を保ち、半身となった体で仲間をサポート。戦闘後は鬼のように欠片となって消えていきました。
仲間のために鬼になる決意をするカッコよさ、人間として死ねない儚さを感じる最期でしたね。

主人公死亡?竈門炭治郎の生死は?

出典 : Amazon.co.jp

ついに蘇った鬼側の総大将である無惨
そんな無惨に怒りのままに特攻する主人公の竈門炭治郎ですが、無惨の圧倒的な力の前に為す術もなく、体内に無惨の血を注入され、もがき苦しみながら倒れてしまいます。
無惨曰く「竈門炭治郎は死んだ」とのこと。言葉通りであれば一矢報いることなく主人公が退場するという展開になってしまいます。
衝撃的なシーンですが、少年漫画の主人公がいとも簡単に死亡するでしょうか?
現在、竈門炭治郎の生死は不明とされており、仲間から治療を受けている真っ最中です。
回想シーンが挟まれていることを考えると、何らかの力が強化された状態で蘇る可能性が高いとされています。
パワーアップして蘇り、主人公として無惨をたおしてほしいですね。

キャラクターが絶対死亡する条件がある?

出典 : Amazon.co.jp

これまでに死亡した人間側のキャラを振り返りましたが、戦闘に勝って生き残ったからといって油断できないのも事実。
鬼の発言によれば、人間側のキャラが必ず死亡する条件があるとのこと。それが「痣の発現」です。
柱を始め、一部のキャラは身体に痣を発現させることができます。痣が出現すると身体能力が向上し、移動速度や攻撃速度が上昇することは物語の中でも描写されている通り。
圧倒的な力を得る手段ですが、鬼からは「寿命の前借り」と評されています。寿命を削って強くなっているため、痣を出現させたキャラは25歳を迎える前に死ぬと断言されています。
唯一例外的な存在が岩柱の悲鳴嶼行冥です。悲鳴嶼行冥は27歳なので、例外的に生き残っているのか?まもなく死亡してしまうのか?
他にも痣が出現しているキャラクターが数多く登場しているため、今後も何人か死亡するキャラが出てもおかしくない状況です。

まとめ

今回は物語が佳境を迎えた『鬼滅の刃』について、下記の内容をまとめました。

・人間側で死亡したキャラクター
・竈門炭治郎の生死
・死亡する条件

『鬼滅の刃』は『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画の中でもキャラの死亡率が高い漫画です。
物語は佳境を迎え、鬼の総大将である無惨が圧倒的な強さで鬼殺隊へと襲いかかっています。死亡フラグが立っているキャラがいるのも事実。
死亡するキャラが出ないのが理想ですが、これまでの展開を考慮するとキャラの死亡は避けて通れないでしょう。
どんな展開が待ち受けているのか?どのキャラが死亡するのか?『鬼滅の刃』の今後の展開から目が離せませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ