アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)オタクコンテンツ情報が盛りだくさん!

【わたモテ】キバ子(南小陽)を徹底解説!キョロ充から地獄へ… #私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い #ワタモテ #わたモテ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』は、当初モブとして登場したキャラがのちにメインや準メインキャラになることが多々あります。
その中の1人で、トレンド入りを果たすまでになった南小陽、通称“キバ子”についてまとめてみました!

南小陽(みなみ こはる)キャラクター概要

わたモテ キバ子出展 : (c) 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. : 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! | ガンガンONLINE | SQUARE ENIX

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の主人公、“もこっち”こと黒木智子(くろき ともこ)のクラスメイトとして2年時より登場。
短めの前髪と八重歯が特徴的な女子で、上着はカーディガンを愛用しています。
普段は三角形の髪留めをしていますが、打ち上げや遠足など特別なイベントの際には別の形の物を装着するなど、こだわりを持っているようです。

グループ内や親しい友達の前では明るく振る舞う反面、自分の気に入らない出来事や相手に対しては人一倍不満を露わにします。
典型的なキョロ充で、コミュニケーションの大半が他人の悪口のため、一部のキャラからは露骨に嫌われている模様。
もこっちからは心の中で「キバ子」と呼ばれています。

「可愛すぎるモブ」から「口の悪い脇役」へ

キバ子の存在が明らかになったのは、8巻収録の喪69「モテないし班決めする」でのワンシーン。
もこっちのクラスメイト、田中真子(たなか まこ)が修学旅行の班決めに関して、友達の田村ゆり(たむら ゆり)に対し「ごめんね南さん達にさそわれて断れなくて…」と組めなくなった理由を打ち明けていた場面ですね。
この時点では名前のみでしたが、11巻収録の喪99「モテないし友達の友達」で真子を昼食に誘うクラスメイトとして初登場を果たしました。

以降はモブとして時折登場しますが、特筆すべき行動はなく、モブとしては際立って可憐な容姿で目を惹くだけの存在でした。

そんなキバ子が読者に強烈なインパクトを与えたのが、12巻収録の喪117「モテないし2年生の終わり」での一幕。
ゆり、真子と共に校内を歩いていたもこっちが階段に躓いて派手に転んでしまったのを、たまたま通りかかったキバ子が見ており、一笑に付したのちに「うける」と発言。
これまでどんな性格なのかほとんど描かれていなかったキバ子の人となりが一発でわかる事態となりました。

(なおこの場面はそれだけではなく、悪態を吐かれたもこっちが「うっせーキバ子…歯 矯正すんぞ……」と呟いたことで彼女のあだ名がキバ子に確定し、そのもこっちのセリフに普段滅多に笑わないゆりが顔を真っ赤にして笑ったことでキバ子への悪感情が顕著になるなど、さり気ない日常シーンでありながら重要ポイントとなっています)

そして、同巻の喪120「モテないし打ち上げる」でキバ子のちょっと困った性格が決定的なものになります。

ゆり&真子との関係

クラスの打ち上げ会で、キバ子は隣になったゆりを完全無視し、後ろにいた真子と修学旅行時の思い出を延々と語り始めます。
その行動自体は、普通なら特に問題ありません。
近くに友達がいたから、2年生の総決算である打ち上げの席で思い出を語らう……ただそれだけのことだと解釈できますから。

しかし実際には、このキバ子の行動はかなりエグいものだったりします。

ポイントは、修学旅行の班決めでキバ子がゆりと組む予定だった真子を自分の班に引き入れていた点。
「誘いを断れなかった」という真子のセリフから強引な勧誘だったことが窺え、ゆりの視点では「修学旅行という高校生活最大級のイベントで唯一の友人を半ば強引に奪われた」という認識だったと思われます。

そんなゆりが傍にいる中で、修学旅行の思い出をこれ見よがしに語り、更には悪びれる様子もなく「3日目も一緒にいたかったのにまこっち裏切るんだもんー」と発言します。
(ゆりと真子はこの件で一時期険悪になっており、修学旅行中に和解し、後半の自由行動で合流)

キバ子のこれらの行動は「2人にしかわからない話題で盛り上がる」といったゆりへの当てつけに留まらず、2人が険悪になった原因である修学旅行の話題を蒸し返し、しかも「裏切り」というキーワードを用いることで「当時の険悪な雰囲気を思い起こさせる」「ゆりのトラウマを刺激する」といった狙いがあったものと推察できます。
実際にどこまで計算しての発言だったのかは不明ですが、この一件以降元々少なかったゆりの笑顔が極端に減ったことからも効果絶大だったと思われ、いろんな意味でキバ子の存在感が一気に増す結果となりました。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ