アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)オタクコンテンツ情報が盛りだくさん!

世界線を飛びまくるVチューバー【げんげん】についてまとめてみた! #げんげん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在3Dモデルを使ってYouTube活動を行うVチューバーと呼ばれる存在が次々と誕生をしています。
有名なVチューバーはキズナアイ、ミライアカリ、輝夜月(かぐやるな)などがいますが、その中でもかなり異質なのが「げんげん」と呼ばれる男性Vチューバーです。
投稿されるごとに全く違った世界線を見せることから、様々な議論がなされている人物です。
今回はVチューバーげんげんについてご紹介していきたいと思います。

【げんげん(源元気)とは】

出典 : Gengen Channel

今年1月からYouTubeにて活動を始めたバーチャルユーチューバーの1人です。
美少女や美少年(たまに人外)といったVチューバーの中で、かなり異彩を放っているため、わずか半年でチャンネル登録者数は4万人という人気ぶり。

動画が投稿されるごとに世界観がガラリと変わるため、「短編ドラマ」的要素を含んでいるのが特徴的です。

【設定】

本名→源元気(みなもと げんき)
職業→学生(野球部に所属)
歳→不明
好きなこと→筋トレ、野球、YouTube
好きな食べ物→ラーメン、餃子、牛乳、麺類、肉まん

体格はよく、なおかつ筋肉質。
野球部に所属しているためか、坊主頭で顔も日焼けをしているのかやや黒いのが特徴的となっています。
関西弁で話し、天然な人物として描かれています。

前述の通り、本名は源元気ですが呼びやすいためか、視聴者からは「げんげん」の愛称で親しまれており、絶大な人気を誇っています。

【作成した人物】

作成した人物は「コウノスケ」と呼ばれる男性。
自身がゲイであることを公表しており、げんげんは同性愛者を意識したキャラクターとして作成したとのこと。(ただ動画内容は至って健全)
ちなみに声は音声合成ソフトを使っているため、やや機械音的なのも特徴的です。

【各動画ネタバレ】

初投稿動画。
普通に自己紹介をして終わります。

 

ソ連が崩壊せず、第3時世界大戦終戦30周年を迎えた世界での投稿。
国外ネットでつないでYouTube活動をしているため、いずれ粛清されてしまうことが示唆されています。

 

スキー旅行でペンションに泊まり、殺人事件に巻き込まれてしまった世界での投稿。
探偵ものでよくある死亡フラグを立てまくることで視聴者から多くのコメントが寄せられました。

 

魔王となったげんげんから人類への降伏勧告。
それまでの動画と違い、一気に世界観が変わったことで注目を浴びました。
ちなみに好物は人肉まんというかなり物騒なものを好んでいます。

 

肉体を捨て、データ化したげんげんによる脳トレ動画。
どこかの教授のように頭部のみのため、コメント欄での反響が大きかったです。

 

作者であるコウノスケ氏のチャンネルで投稿された動画。
無人島で遭難し、助けを求めるげんげんの様子を描いています。(ボトルメッセージという体裁で)

 

げんげ…謎の怪盗Gという出落ちから始まった動画。
金塊を盗み、海外逃亡を企てますが、仲間に裏切られて警察を呼ばれ、捕まってしまうことが示唆されています。

 

時空の歪みに向かって全裸で話しかける動画。
おそらく氷河期に突入する時期に全裸でいるため、凍死フラグ確定と言われています。

 

暗黒宇宙帝国のパイロットであり、対共和国との最前線に投入された世界での投稿。
新人で初めての実戦投入をされている時点で帝国側が追い込まれていることが示唆されています。

 

クラスメイトと殺し合いをさせるバトルロワイヤルに巻き込まれてしまった世界での投稿。
話し合いでゲームを終わらせようとしますが、自身の武器でクラスメイトを知らぬうちに殺してしまい、自分自身も武器によって殺されてしまうということが考察されています。

 

バブル全盛期で最高にはっちゃけているげんげんの投稿動画。
会社もやめ、不動産投資に手を出してかなり有頂天なげんげんですが、バブル崩壊後自殺するのではないかとも言われています。
実際に崩壊後、自殺者が増えたらしいですからね。

 

牧草地の警備を任されたげんげんの投稿動画。
「牛泥棒がきたぞ」といって村人を驚かせるのが趣味らしいですが、牛とともに宇宙船に連れ去られるところで動画が終了します。

【げんげんについての考察】

独特の世界観から様々な考察がされていますが、中でも有名なのが「殺害されるたびに転生している」という説です。

わかりやすいくらいの死亡フラグを立てるため、こういった考察がされているのでしょう。

【まとめ】

今回はVチューバー・げんげんについてまとめてみました。
投稿は不定期ですが、また新たな世界線で死亡フラグを立てるのかもしれません。
今後の動向に注目したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ

モエミーTwitterをフォロー