アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【機動戦士ガンダム一年戦争】当時は難しすぎた操作性【愛すべきクソゲー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : Amazon.co.jp

『機動戦士ガンダム 一年戦争』は、大人気テレビアニメ『機動戦士ガンダム』を題材にした、バンダイのプレイステーション2専用の3Dアクションゲームです。
バンダイとナムコの大型プロジェクトとして発売され、ガンダムゲームユーザーや、小売店から大きな期待を集め、満を持して!発売された作品でしたが…、『機動戦士ガンダム 一年戦争』を、今回は残念ながら「愛すべきクソゲー」としてご紹介します。

機動戦士ガンダム 一年戦争 基本情報

・ジャンル 3Dアクションゲーム
・対応機種 プレイステーション2
・開発元 ナムコ
・発売元 バンダイ
・プレイ人数 1人
・発売日 2005年4月7日

このゲームはナムコが開発を担当し、バンダイが発売しました。
ガンダムの肝となるテーマである「一年戦争」を体感できるアクションゲームとして、テレビで放映された『機動戦士ガンダム』の「第1話から最終話まで」を体験できる内容となっています。
当時ガンダムシリーズの版権を持っていたバンダイが、ナムコに対して開発を依頼したコラボ企画であり、共同の大型プロジェクトの第1弾でもありました。
余談ですが、後に2社はバンダイナムコゲームスとなっていますね。

期待された作品

バンダイではプレイステーション~PS2に至るまで、多くの「ガンダムゲーム」がヒットし、バンダイの『機動戦士ガンダム めぐり逢い宇宙』や、アーケードで人気のあった『機動戦士Ζガンダム エゥーゴvs.ティターンズ』大ヒット、本作の期待値は相当高いものがありました。
バンダイとナムコのコラボ企画である点や、発売前から派手に流されたTVCMなどもその要因となり、実際に本作は「これ絶対にミリオン越えだろっ!!」という、メーカー側の手ごたえから、「ミリオン越えの大作ソフト」の位置づけで発売されました。
…しかし蓋を開けてみれば、売上累計33万本と、なんとも残念な結果に終わってしまい、この売り上げの少なさと、バンダイとナムコの経営統合が重なって、大型プロジェクトはいつの間にか終わってしまい、残ったのは「本作は明らかな失敗作」という、不名誉な結果だけとなってしまったのです…。

これまでのガンダムゲームとは操作性が異なる

グラフィック、機動性などは、これまでのガンダムゲームとは異なり、高水準のクオリティで、後に発売されるPS2のガンダムゲームに劣らないほどのビックリレベルでした。
しかし!!基本操作が、コントローラーL1~L3、R1~R3ボタンでほとんど行うため、従来のガンダムゲームに慣れたプレイヤーにとっては、操作が難しい仕様となっています。
実際自身も購入してプレイしましたが、このおかげでゲームの難易度が大幅に上がった印象で、「動かしにくいし…弾あたらへんし…」と、なかなか歯がゆい思いをしました(笑)
これはいわゆるTPS/FPS操作と呼ばれるものであり、現代ではバトルロイヤルゲームや、サバゲーなどで多く使われる操作法です。
しかし、当時はあまり馴染みがなかったため、この操作性も本作がクソゲー扱いされる要因であると考えられます。
因みに自身は未だにTPS/FPS操作は、コントローラーを握りつぶしてしまうほど苦手です(笑)。

グラフィックが凄いだけにもったいない

本作はとにかくグラフィックだけなら(笑)100点満点中120点をあげたいほど、凄まじく圧倒的です!
しかもガンダムファンにはたまらない機体も数多く登場するので、レアな機体をこのグラフィックで拝めるのは、ファンからよだれものです!
「おいおい!このグラフィックで一年戦争追えるんか!?」と、感じるほどに迫力ありましたから!
しかしゲーム性が残念なため、グラフィックが凄いだけにもったいない作品となってしましました。
本作に関しては、問題点が様々なメディアで取り上げられており、2005年には「2005年クソゲーオブザイヤー次点」となってしまい、「値段に見合わない内容の薄さ」「期待外れ」など、可哀そうになるくらいの酷評を受けてしまいました。
問題点のほとんどは、操作に関することだったので、このグラフィックで操作性を従来通りにしておけば、名作の仲間入りをしていた可能性はおおいにあります。

まとめ

ここまで、『機動戦士ガンダム 一年戦争』を、愛すべきクソゲーとしてご紹介しました。
結局は「グラフィックは一級品だけど…これゲームだからね!」と言うのが、評価したユーザーの正直な感想だと思います。
当時はガンダムをゲームにすればヒットすると言われたほど、ガンダム関連のゲームは流行っていたため、本作が発表された時は、小売店も相当期待したようです。
しかし、全くヒットしなかったため、完全に「クソゲー」の仲間入りを果たしました。どうしてこうなった!!www
しかしこの失敗を活かして、次の『機動戦士ガンダム クライマックスUC』が名作となったのですから、全くの無駄ではなかったと信じています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ