アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

アニメ名曲40選! 有名なアニソンやカラオケで人気の曲をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MY舞☆TONIGHT

出典 : Amazon.co.jp

『ラブライブ!サンシャイン!!』2期3話で披露された挿入歌。
ラブライブ予備予選の日と学校説明会の日が重なってしまったため、一度はAqoursを2チームに分けて両方に出る……という展開から一転、予備予選に全員参加で出場し、この曲を披露しました。
黒澤姉妹のダブルセンター、花魁をモチーフとした衣装、和のテイストを取り入れつつアゲアゲのアッパーチューンと見所&聞き所たくさんの曲です。
和テイストは未熟DREAMERの衣装でも取り入れられており、Aqoursの個性の1つにもなっています。

Snow halation

出典 : Amazon.co.jp

『ラブライブ!』2期9話で挿入歌として使用された曲ですが、それ以上に「スノハレ」の愛称でμ’sを代表する曲として認知されている人気曲です。
「切なさには名前をつけようか”Snow halation”」というフレーズが印象的な、メロディアスなラブソング。
アニメでも2期8話でμ’sのメンバーが歌詞を出し合うなど曲制作の過程を描き、次話で実際に披露するという別格の扱いでした。
それだけのパワーがこの楽曲にはあります。

M@GIC☆

出典 : Amazon.co.jp

『アイドルマスター シンデレラガールズ』の最終話、第25話のイベント「シンデレラの舞踏会 -Power of smile-」でトリを飾ったCINDERELLA PROJECTによる1曲。
デレマスでタイトルに「@」が付いたのは、この曲が初めてです。
アニメを締め括るに相応しい、希望と一摘みの切なさで構成された名曲で、アニメ放送後もファンからずっと愛され続けています。

自分REST@RT

出典 : Amazon.co.jp

『THE IDOLM@STER』のたくさんある楽曲の中でも、特にファン人気の高い1曲。
アニメ用の新曲として制作され、第11話で練習風景が描写され、第13話で春香たち9人によって披露されました。
第1クールのクライマックスに相応しい、美しいメロディと多幸感にあふれた名曲です。
作中でもリアルでも765プロを代表する楽曲として認知されています。

ヨミガエレ

出典 : Amazon.co.jp

『ゾンビランドサガ』の最終話、第12話のライブで最初に披露されたフランシュシュによる楽曲。
非常に力強い一番のサビから一転してスローテンポになり、再びテンポアップする際の高揚感が魅力です。
ラスサビのさくらのシャウト気味な「ぶち壊して」はアガります。
歌詞の内容は、作詞したと思われる巽がさくらへの想いを綴ったような内容になっていて、力強い曲調とは対照的に感動を誘います。

Realize!

出典 : Amazon.co.jp

『プリパラ』1stシーズン第3クールのOP曲です。
各メンバーが声優としても活動しているアイドルグループのi☆Risが歌唱を担当しています。
女児向けアイドルアニメの主題歌とは思えないほど熱くてカッコいい楽曲ですが、そういう曲でもしっかりハマるのがプリパラの凄いところです。

マジLOVE1000%

出典 : Amazon.co.jp

『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』のメインテーマで、アニメ版のユニット「ST☆RISH」の楽曲です。
第1話ではOPテーマ、以降はED曲として使用され、10話では挿入歌として別アレンジVer.も流れました。
うたプリのメインテーマはその後も「マジLOVE2000%」「マジLOVEレボリューションズ」「マジLOVEレジェンドスター」と人気曲を次々に輩出していますが、この曲がやはり原点にして至高のtheアイドルソング。
ニコニコ動画では脅威の約750万再生を記録しています。

adrenaline!!!

出典 : Amazon.co.jp

『エロマンガ先生』のEDテーマとして起用された、TrySailの楽曲。
ED曲とは思えないほど明るく勢いがある極上のポップチューンで、サビの高揚感は格別です。
平成アニソン大賞の声優ソング賞を受賞しています。

ようこそジャパリパークへ

出典 : Amazon.co.jp

『けものフレンズ』のOPテーマ曲で、「けものはいてものけものはいない」というフレーズが印象的な2010年代後半を代表するアニソンです。
作詞・作曲は大石昌良(オーイシマサヨシ)さんが担当しています。
けもフレの世界観を見事に再現した、賑やかで楽しくキャッチーで、少しだけ切なさもある作品。
アニメは絶大な人気を獲得したものの、その後色々ありましたが、この曲の人気は不変です。

いけないボーダーライン

出典 : Amazon.co.jp

『マクロスΔ』の挿入歌として、1話、2話、8話、13話で流れた楽曲です。
アニメ放送後も絶大な人気を誇っているユニット、ワルキューレの代表曲でもあります。
扇情的で大人っぽく、それでいてアニソンとしてのポップさも兼ね備えていて、特に特殊EDで起用された第1話はインパクト大。
主題歌の「一度だけの恋なら」も人気曲ですが、それをも上回る人気を獲得しました。

1

2

3 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ