アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

天使から一変「駄天使」へと変貌『ガヴリールドロップアウト』 #ガヴリールドロップアウト #ガヴドロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : (c)2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会 : TVアニメ「ガヴリールドロップアウト」公式サイト

『ガヴリールドロップアウト』

『ガヴリールドロップアウト』は、うかみ先生原作の漫画作品で「ガヴドロ」の愛称で知られています。
KADOKAWAアスキー・メディアワークスにて、2013年12月より連載中で、2017年1月~3月にわたって全12話のテレビアニメが放送されました。
テレビアニメに加えてOVAも2話制作されている学園を舞台にしたコメディ作品です。

2016年7月にテレビアニメ化が発表され、「コミック電撃だいおうじ」連載のオリジナル漫画作品としては初のアニメ化となりました。
アニメ監督とアニメーション制作は、『ゆるゆり』や『干物妹!うまるちゃん』の太田雅彦氏と動画工房がそれぞれを担当しています。

ストーリー

天界に存在する「天使学校」を首席で卒業した天使・ガヴリールは、更なる修行をするために人間が暮らす人間界へと降り立ちます
「立派な天使になって人間達を幸せに導く」と天使学校卒業時に誓ったガヴリールですが、人間界のさまざまな楽しみ(主にネトゲ)を知ってしまい、「ドロップアウト」して自他ともに認める自堕落な生活を送るようになります

そこに、真面目で人助けをするゴキブリが苦手の悪魔らしくない悪魔・ヴィネット(通称ヴィーネ)や、自身を大悪魔と自称する中二病気質のある、ヴィーネと同じく悪魔のサタニキア(通称サターニャ)、ガヴリールに次ぐ天使学校を次席で卒業したバスト89の巨乳の持ち主・ラフィエル(略称ラフィ)らと共に高校生活を送る姿を描いたコメディ要素満載の可愛い系アニメです。

『ガヴリールドロップアウト』の魅力は?
登場キャラが可愛い

『ガブリールドロップアウト』では、主人公のガヴリールを始めとする悪魔のヴィーネやサターニャ、ガヴリールと同じく天使のラフィの4人がメインキャラクターになっていますが、4人とも可愛らしく魅力溢れる個性的なキャラクターなのがこの作品の一番の魅力です。

特に主人公のガヴリールは、天使学校を首席で卒業した際の完璧な天使である姿も「堕天使」ならぬ「駄天使」へとなってしまった姿どちらも可愛いです。
他の3人も言わずもがなですが、メインキャラクターとなる4人以外にも可愛いキャラは多く登場します。気になる方はぜひ原作コミック又はアニメをご覧になることをおすすめします。

個性的な面子が勢揃いで面白くないわけがない

可愛らしい天使と悪魔の4人が登場する作品で、かわいらしさ目的で見るのも非常におすすめですが、コメディ作品としてもぜひ視聴してもらいたいです。
ネトゲ以外に活力を見出せない駄天使・ガヴリール、悪魔なのに全く悪魔らしくないヴィーネ、極度の味覚音痴で中二病気質のサターニャ、天使でありながらサディストな一面も併せ持つラフィ、これだけ個性的なメンバーが集まって面白くないわけがありません。

特にガヴリールとヴィーネのやり取り、サターニャとラフィのやり取りには思わず声を上げて笑ってしまうほどです。

豪華な声優陣

アニメ『ガヴリールドロップアウト』の主人公・ガヴリール役を務めるのはテレビアニメ放送時、弱冠17歳の富田美憂さん、ヴィーネ役は大西沙織さん、サターニャ役は大空直美さん、ラフィ役は花澤香菜さんと非常に豪華な顔ぶれになっています。

そして人気急上昇中の若手声優の筆頭・水瀬いのりさんと大物声優の沢城みゆきさんもこの作品では登場しています。
アニメが好きな方は一声聞けばわかってしまうでしょう。一体誰が水瀬いのりさんで、誰が沢城みゆきさんなのか推理してみてください。

まずはアニメから!

出典 : (c)2016 うかみ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/ガヴリールドロップアウト製作委員会 : TVアニメ「ガヴリールドロップアウト」公式サイト

気になった方はまずはアニメから視聴してみるのも良いでしょう。
原作コミックスも既刊5巻(2018年4月時点)までが発売中です。アニメでは中毒性が高いと噂されているOPにも注目していただきたいです。そしてアニメ第7話エンディングにてヴィーネが歌う「ガヴリールの数え歌」は思わず笑ってしまうこと間違いナシです。

天使が人間界の楽しさに触れ、自堕落な生活を送るという現実ではあり得ないストーリー設定がおすすめポイントです。
ネトゲ以外には無気力のガヴリールのたまに見せる可愛らしい表情や仕草、そして「むしろ悪魔」と言わせるほどの容赦のない行動など見どころ盛り沢山の作品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ