アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【五等分の花嫁】二乃はかませ犬じゃない! ツンデレ次女の告白までをまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
丁寧に描かれた「デレ」までの道のり

出展 : ©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会 : TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ|TBSテレビ

序盤は恵まれないポジションにいた二乃ですが、その後彼女にはとてつもない大役が待っていました。
五つ子の中で、最初に風太郎に告白するヒロインとなったのです。

しかも、最初に行った「バイクで二人乗りしている最中の告白」が風太郎には聞こえていなかったと判明し、ラブコメにありがちな「大胆な告白 → 主人公聞いてない」パターン……と思わせておいて、あらためて「あんたを好きって言ったのよ」キッパリ再告白
その後の「あんたみたいな男でも好きになる女子が地球上に一人くらいいるって言ったわよね。それが私よ。残念だったわね」というセリフと、それを言った際の表情もファンの心を掴み、ここで一気に二乃はヒロインとしての格を上げました

この流れは決して突発的ではありません。
二乃の風太郎に対する恋愛感情の芽生えは、作中で最も丁寧に描かれています。

花火大会以降、二乃の風太郎に対する態度は明らかに軟化。
2巻(アニメ8話)で金髪に染めた悪ガキ時代の風太郎の顔が好みだと判明したり、3巻(アニメ7話)で五つ子の父親が出した条件を満たせず家庭教師を辞める覚悟でいた風太郎を引き留めたりと、両者の距離は少しずつ縮まります。
その後も、心ならずも金髪のウィッグを被り悪ガキ時代を彷彿とさせる容姿となった風太郎(金太郎)に、彼とは知らずときめくなど、順調にフラグを立てていきました

ただ、姉妹を大事に思う二乃にとって、現状は必ずしもハッピーではなかったようです。

二乃は皆が同じ姿で同じ気持ちを共有していた子供の頃に固執しており、その所為で髪も子供の頃と同じ長さのまま切れずにいるほど。
そんな二乃にとって、徐々に他の姉妹が風太郎の肩を持つようになり、変わっていってしまう状況は複雑だったらしく……それが原因で三玖や五月と仲違いし、家出する事態が勃発してしまいます。
更にその後、金太郎の正体が風太郎であることも見破ってしまいました。

それでも二乃は、懸命に自分と三玖たちを仲直りさせようとしていた風太郎に惹かれていること、また三玖との仲直りの中で「過去は忘れて今を受け入れるべき」であることを自覚。
「金太郎」「幼少期の五つ子」という二つの大事な過去と決別し、その長い髪にハサミを入れたのです。

そして、彼女のその決意が二度の告白へと繋がりました。

二乃はかませ犬?

出展 : Amazon.co.jp

とても丁寧に風太郎への想いが描かれたことで、風太郎を巡る恋のバトルにおいても最前線に立った……と思われた二乃ですが、彼女が風太郎の花嫁になると予想しているファンは比較的少数のようです。
しかも、担当声優の竹達さんにまで「かませ犬感あるじゃない?」と言われる始末。
実際、かなり丁寧に掘り下げられた今の二乃は「既に奥の手を出した状態」であり、その強気で攻撃的な性格、そして告白後の前のめりになり過ぎている姿も含め、確かにかませ犬っぽい印象を受けざるを得ません。(なお、竹達さんの「かませ犬」発言は原作をしっかり読み込んでいるからこそ出てきた感想だと思われます)

とはいえ、まだ彼女が負けヒロインだと決まった訳ではありません。
「写真の少女=二乃」の可能性は低いですが、写真の少女=零奈、写真の少女=花嫁であるとはまだ確定していません。
見せ場を出し尽くしたと思わせておいてからの逆転劇も、十分にあり得ます。

ただ、仮に二乃が花嫁ではなかったとしても問題ありません。
二乃ならばきっと、とても魅力的な負けヒロインになるでしょう。
負けヒロインが勝ちヒロインを人気面で食ってしまう作品は、決して少なくないのです。

まとめ

アニメ1期の範囲では二乃の魅力が完全には伝わらないと思うので、ぜひ2期もやって欲しいですね!
特に、2話にわたる彼女の告白シーンは作中でも屈指の名場面なので、映像で見てみたいです。

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を選択してください

アーカイブ