アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ふたりはプリキュア】結局初代プリキュアが1番強い件 #precure #プリキュア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : (c)ABC・東映アニメーション : Amazon.co.jp

2004年放送の『ふたりはプリキュア』から2018年現在放送中の『HUGっと!プリキュア』まで約15年の歴史があるプリキュアシリーズ。
その人数はシリーズの主役だけで約60人も存在します。映像で確認できるプリキュアを厳密に数えると130人を越え、かなり多くのプリキュアが存在します。
そんなプリキュアの始まりを作ったのが初代プリキュアである「キュアブラック」「キュアホワイト」の2人で、映画などでも先輩プリキュアとして圧倒的な強さを誇っています。
今回は『ふたりはプリキュア』から初代プリキュアの2人について紹介します。

キュアブラック

出典 : (c)ABC・東映アニメーション : Amazon.co.jp

シンボルカラー

その名の通り、当初はシンボルカラーがブラックでした。
なぜ過去形なのかというと、プリキュアが増えた現在では、キュアブラックのシンボルカラーはピンクと設定されているからです。
プリキュアシリーズが続き、主人公はピンクというルールができた結果、ピンクのプリキュアという認識になりました。ブラックとは一体…。

戦闘スタイル

キュアブラックの戦闘スタイルは決しておしとやかで可愛らしいとは言えないでしょう。
むしろ男性顔負けのパワフルなファイトスタイル。とにかくカッコいい。
敵に対してあれこれ考えず、正面から突っ込んでパンチやキックを繰り出す格闘技スタイル。派手で豪快な戦闘スタイルは女子向けアニメには見えませんよね。
キュアホワイトを「技」の戦士とするならば、キュアブラックは間違いなく「力」の戦士でしょう。

キュアホワイト

出典 : (c)ABC・東映アニメーション : Amazon.co.jp

シンボルカラー

その名の通り、シンボルカラーはホワイト
こちらはシリーズを重ねプリキュアの数が増えてもシンボルカラーに変更はありません。
キュアブラックと対称的な白色が印象深く残った人もいるのではないでしょうか。

戦闘スタイル

キュアホワイトの戦闘スタイルはキュアブラックのように力強くパワフルではありません。一見すると華奢で頼りなく見えてしまうかもしれませんね。
しかしそんな心配は必要なく、体の柔軟さを活かし、敵の攻撃をいなしながらスキを見て攻撃を繰り出す合気道のようなスタイルで戦います。
豪快さこそキュアブラックに劣るものの、そのしなやかな動きは見とれてしまいますよね。
キュアホワイトは「技」の戦士と言えるでしょう。

先輩プリキュアとしての活躍

映画に出演した際は、先輩プリキュアとして後輩のプリキュアたちに圧倒的な力を見せつけています。
必殺技を使い数人のプリキュアが協力しても倒せない敵を、初代の2人の必殺技だけで消し炭にしてしまいます。一体どれほどの威力なのか少し怖くなりますね…。
また、プリキュア十数人がかりでやっと止めている状態の巨大な船を、初代プリキュアはもう1人合わせ、たった3人で止めてしまいます。それもギリギリではなく、余裕で。
この2人が登場した時の安心感はハンパじゃないですね。

この秋、映画に出演決定!

圧倒的な実力を見せる初代プリキュアの2人ですが、2018年秋に公開される『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア』で登場することが決定しています!

登場は最新のプリキュアと初代プリキュアのみで、これまでのようにたくさんのプリキュアが登場するということはありません。
先輩プリキュアとして映画の中でどんな活躍を見せてくれるのか。ついつい圧倒的な実力差を見せつけてほしいと思ってしまいます。公開が待ち遠しいですね。

まとめ

今回は初代プリキュアである「キュアブラック」と「キュアホワイト」が歴代の中でどれだけ強いのかを紹介しました。
プリキュアの始まりを作った2人として、これからも活躍の場が与えられることが考えられます。
これからも続いていくプリキュアの歴史の中で、この2人がどのような立場になっていくのか楽しみですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ