アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ガールズ&パンツァー】戦車道のスヽメ!黒森峰女学園編【アニメ】 #garupan #ガルパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVアニメ・OVA・劇場版、そして最終章と絶大な人気を誇る『ガールズ&パンツァー(通称:ガルパン)
魅力はなんといっても戦車に乗り、勝利を目指す個性的なチームキャラクター達ではないでしょうか?
そんな登場チームの中から、今回は対戦校である黒森峰女学園を紹介したいと思います!

黒森峰女学園とは

出典:amazon

転校前に主人公・西住みほが在学していた、前回大会で敗北するまで9連覇していた強豪校
ドイツ軍の強力な戦車を保有する黒森峰。整然とした隊列を組んでの電撃戦を得意とし、隊長・西住まほの流派「西住流」の影響もあり、いかなる相手にも真正面から迎え撃ち、圧倒的な火力で捻じ伏せるその戦いぶりはまさに「王者」といえるでしょう。
ただ、マニュアルに特化し、力押しに長けている反面、想定外の事態に弱く、大洗女学園との決勝戦ではみほの作戦に翻弄され、追い詰めていたところを逃がしてしまいました。

メンバー
西住まほ(CV:田中理恵)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

隊長で西住流戦車道の後継者の1人。主人公・西住みほの
自分のことを「西住流そのもの」と言い、常に周囲を圧倒する威厳を漂わせ、試合中はいかなる状況でも冷静な判断と的確な指示を行います。
厳格なイメージのあるまほですが、黒森峰での失敗に戦車道から身を引いたみほを気にかけており、一時は師範である母から破門・勘当を言い渡されそうになったみほを守ったり、みほの戦術を評価することで擁護したりと、妹思いな面もあります。

逸見エリカ(CV:生天目仁美)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

副隊長。最終章ではドイツ留学に行ったまほの後を継いで隊長を務める。
みほが黒森峰にいたころの同級生で、大洗で戦車道を続けていたことに対して批判的、というより敵対的で、みほに対して非難する場面がよく見られます。
短気な性格で、戦術を立てることよりも火力重視の短期決戦を好む傾向にあり、そのためか決勝戦ではみほの作戦に翻弄され、最後はまほの敗北を見届ける羽目になります。

赤星小梅(CV:仙台エリ)

出典:girls-und-panzer-fimale.jp

前回大会で当時の副隊長だったみほに助けられた女生徒。
当時はⅢ号戦車J型に搭乗していて、劇場版ではパンターG型に搭乗していました。
黒森峰を去ってしまったみほに負い目を感じて気に病んでいましたが、決勝戦の試合前に謝ることができ、みほが戦車道を続けていたことを喜んでいました。

使用車輌
ティーガーⅠ

出典:girls-und-panzer.jp

強力な火力と重厚な装甲を重視し、第二次大戦において正面から撃ち合える戦車は連合軍に存在しないとまで言わしめた重戦車
だが、重装備ゆえに非常に重く、足回しが弱かったために機動性に欠けていたが、「無敵戦車」として敵将兵から恐れられていました。

ティーガーⅡ

出典:girls-und-panzer.jp

ティーガーⅠの発展型で別名「ケーニッヒ・ティーガー」。
主砲は88mmと同じですが、56口径から71口径に強化され、装甲もさらに厚くなり、登場した1942年において対抗できる戦車は世界中存在しませんでした。
ティーガーⅠ同様、その重量ゆえに足回りやトランスミッターの故障が頻発し、機動性に欠けていました。

パンターG型

出典:girls-und-panzer.jp

ソ連軍のT-34戦車の高性能に衝撃を受け(T-34ショック)、その対抗策として開発された中戦車
車体や砲塔に被弾経始を取り入れ、幅の広い履帯による走破性の向上、強力な76.2mm砲の搭載と、走攻守のバランスの良さで対戦中のドイツ最優秀戦車と評価されました。

Ⅲ号戦車G型

出典:girls-und-panzer.jp

ドイツ国防軍の主力戦車として開発され、ドイツ戦車の基礎になった戦車。
それまで1~2名配置だった砲塔を3名にして、周辺警戒に専念できるようにしたのは当時としては画期的なものでした。

Ⅳ号駆逐戦車/70(V)ラング

出典:girls-und-panzer.jp

Ⅳ号駆逐戦車はⅣ号戦車をベースに開発された駆逐戦車で、70(V)は48口径75mm砲から70口径75mm砲に改良されたもの。
このタイプから種別が戦車に変更になったので、正確にはⅣ号戦車/70(V)で、当初はⅣ号戦車ラング(長い=長砲身の意味)と呼ばれていました。

駆逐戦車ヤークトパンター

出典:girls-und-panzer.jp

パンター戦車の車体を利用して開発された、ティーガーⅡと同じ71口径77mm砲を搭載し、パンター由来の優れた機動性を併せ持つ駆逐戦車
前面装甲は80mmですが、30度の傾斜をつけたことで実質160mmに相当する高い防御力を誇っています。

駆逐戦車ヤークトティーガー

出典:girls-und-panzer.jp

ティーガーⅡをベースに3000m先の敵戦車を撃破可能な自走砲として開発された重駆逐戦車
前面装甲も250mmと高い防御力を持っていますが、重量が70tと非常に重いため、駆動系や変速機などの故障が頻発、燃費もとても悪いものでした。

重駆逐戦車エレファント

出典:girls-und-panzer.jp

強力な71口径88mm砲と前面装甲200mmの防御力を誇る重駆逐戦車
競争試作に敗れてしまいましたが、採用を見越して先行納入されたポルシェティーガーの車体や装甲版を流用する形で開発されました。

超重戦車マウス

出典:girls-und-panzer.jp

ソ連のKV-1、KV-2を凌ぐ「最強戦車」として開発された史上最大の超重戦車
主砲128mm砲、副砲75mm砲の強力な武装と装甲厚が最大128mmという重装甲で、重量はなんと188t!
しかし、終戦までに完成されたのは試作車輌の2輌のみ。その2輌も実戦での機関不良で乗員により爆破・破棄されてしまいました。
戦後にソ連が1号車と2号車を組み合わせて装甲可能なマウスを再現し、現在もクビンカ戦車博物館で展示されています。

まとめ

黒森峰はなんといっても豊富で強力な戦車ではないでしょうか。
最終章でまほから隊長を任されたエリカの活躍にも注目していきたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語を選択してください

A8

アーカイブ