アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【僕の心のヤバいやつ】次にくるマンガ大賞2020 Web部門第1位!SNSで話題沸騰のラブコメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:Amazon.co.jp

『僕の心のヤバイやつ』は、最新話が公開されるたびにSNSを中心にインターネットで熱い感想があふれる、今、話題沸騰中のラブコメ漫画です。略称は「僕ヤバ」。作者は、週刊少年チャンピオンで3人の小学生を主人公にしたギャグ漫画「みつどもえ」連載していた桜井のりお先生です。

『僕の心のヤバイやつ』は、2018年に週刊少年チャンピオンにて連載が始まり、その後ネットに掲載場所を移して連載を継続してきました。2021年9月時点で5巻が発売され、シリーズ165万部を突破する大人気作です。

『僕の心のやばいヤツ』の魅力は、思わず身もだえしてしまうようなリアルな中学生の心理と、ウブな初恋の描写にあります。この記事では、そんな本作のおもしろさを、キャラクターとストーリーの解説を交えつつ紹介して行きます。コミックス未収録の最新話までのネタバレを含みますので、ご注意ください。

出典:Amazon.co.jp

中二病の陰キャ男子 × カースト上位の美少女

中学2年生の市川京太郎は、日増しに膨れ上がる己の中の殺人衝動に頭を悩ませていました。市川が今最も殺したい相手は、クラスメイトの山田杏奈。雑誌のモデルを務めるほどの美少女で、いつも友達に囲まれています。

山田はいわばカースト上位の陽キャな女の子。対して市川は、クラスに仲の良い友達もおらず、いつも休み時間に1人で本を読んでいる陰キャです。 市川は山田が自分を見下していると思い込み、妄想の中で彼女を好き放題にして溜飲を下げるという悲しい日々を送っていました。

教室では全く接点がなかった2人の交流のきっかけは、図書室でした。本にはまるで興味がない山田でしたが、大好物のお菓子をこっそり食べるために、人気(ひとけ)のない図書室にやってきます。

誰にも見られていないと思い込み、図書室でパーティー用の大きなお菓子袋を開き、鼻歌をまで唄いだすなどの奇行にはしる山田。市川はそんな天然な山田の行動に本棚の陰からツッコミを入れつつも、彼女の事が気になって仕方がありません。

市川が妄想の小道具として持ち歩いていたカッターを山田に貸したことがきっかけになって、 2人は少しずつ会話するようになります。

転機となったのは、ある日の体育の時間。 山田は友人から誤まって顔面にバスケットボールをぶつけられてしまい、盛大に鼻血を流します。血まみれになった山田の顔を見て、市川は思わず保健室まで追いかけていました。

モデルの仕事を休まなければならず、悔し涙を流す山田。彼女の泣く声を聴いて、市川はいつの間にかもらい泣きしていました。そして彼は自分の中にいた“ヤバいやつ”の正体を知ります。

ああ、僕は山田が好きなんだ(コミックス1巻 14話)

素直になれない市川 × グイグイ迫る山田

ついに山田への恋心を自覚した市川。しかし14年間の人生を日陰で生きてきた彼は、失敗を恐れるあまり、積極的な行動をとることができません。

そんな彼の気持ちを知ってか知らずか、山田はグイグイと距離を縮めていきます。自転車の後ろに乗せてほしいと言ったり、市川のいる情報処理部に入ってみようかなと言ったり、少女漫画を貸してくれたり。

そんな山田と関わるうちに、ひねくれた心が解かれていく市川。このまま2人は順調にくっつくのかな……と思った時に、ある事件が起こります。 ある日、山田は恋バナが好きな女子の先輩に絡まれて「彼氏はいないか」としつこく聞かれます。市川の方をチラチラ見ながらいないと断言する山田。ハタから見たら完全に惚れています。

そこへ、山田によくナンパを仕掛けてくるチャラ男の南条先輩(通称ナンパイ)が登場。山田はとっさに、ナンパイの視界から市川を隠します。それで市川は、山田が自分に仲良くしてきたのは、しつこい男を牽制するためだったのだと思い込んでしまうのでした。

それから二日間、市川は山田を避けます。山田はそんな市川の態度が耐えきれず、放課後に詰め寄ります。壁ドンしながら「怒ってるの? なんで?」と尋ねる山田。そして市川は、自分が山田を避けていたのは彼女を嫌いになったからではなく、逃げていただけだ、という自分の本心に気づきます。

本当は欲しくてたまらないのに、どうせ手に入らないから嫌いになる理由が欲しかったんだ。どんどん好きになるのが怖くて(2巻 43話)

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ