アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【ガールズ&パンツァー】戦車道のスヽメ!聖グロリアーナ女学院編【アニメ】 #garupan #ガルパン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVアニメ・OVA・劇場版、そして最終章と絶大な人気を誇る『ガールズ&パンツァー(通称:ガルパン)
魅力はなんといっても戦車に乗り、勝利を目指す個性的なチームキャラクター達ではないでしょうか?
そんな登場チームの中から、今回は対戦校である聖グロリアーナ女学院を紹介したいと思います!

聖グロリアーナ女学院とは

出典:amazon

英国上流階級風の作法と格式を重んじた名門女学院で、略称は「聖グロ」。
全国高校戦車道四強校の一角で、大洗女子学園とは親善試合エキシビジョンで戦いました。
メンバーはみんなニックネームで呼びあっていて、紅茶の産地や等級に由来しているものを付けられています。
高い操縦技術を誇り、試合中でも紅茶を嗜み、隊長・ダージリンは「どのような走りをしようとも、一滴たりとも戦車内でティーカップの紅茶をこぼさない」と言い切っています。

メンバー
ダージリン(CV:喜多村英梨)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

隊長を務め、チャーチルの車長
学業成績トップで女性らしい丁寧な言葉を話しますが、少し高飛車な性格をしています。
名言集を読むことが日課で、会話の中でことわざ格言政治風刺小話などが多く使われています。

オレンジペコ(CV:石原舞)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

チャーチルの装填手
常にダージリンに付き添い、名言やことわざをよく用いるダージリンに対し、1年生でありながら鋭い突っ込みをすることがあります。

アッサム(CV:明坂聡美)

出典:girls-und-panzer-fimale.jp

チャーチルの砲手
本格的な登場はTVアニメ後のドラマCDで、出番が少なかったこともあって、あんこうチームに存在を忘れられた上、「セイロン」と間違えられたことがあります。
データ主義で、収集されたデータに基づいた発言をダージリンによく進言しています。
ダージリン同様、ジョーク好き。

ローズヒップ(CV:高森奈津美)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

クルセイダーMk.Ⅲの車長
淑女揃いの聖グロの中でも闘志を前面に出す元気者。冷静さに欠け、スピード狂の気があり、持っているティーカップからは常に紅茶が飛び跳ねています。
聖グロらしからぬ彼女ですが、エキシビジョンでは小隊を率いてあんこうチームを攻め立て、大学選抜戦では終盤まで残り、チャーフィーを撃破するなどの活躍を見せています。

ルクリリ(CV:倉田雅世)

出典:girls-und-panzer-finale.jp

マチルダⅡの車長
聖グロの生徒だが血気盛んな性格で、劇場版では「馬鹿めっ!2度も騙されるか!」と口調の荒っぽい一面を見せています。
大洗女子学園との試合ではアヒルさんチームのトラップに2度も引っかかっており、1度目は反撃し撃破しましたが、2度目は撃破されてしまいました。

使用車輌
チャーチル歩兵戦車Mk.Ⅶ

出典:girls-und-panzer.jp

1940年に歩兵戦車として採用されたMk.Ⅳに75mm戦車砲を装備し、装甲を152.4mmに強化させた重武装タイプ。
重武装のため、最高速度は20.12km/hと非常に遅いのですが、不整地走破能力があり、急斜面や悪路での機動力が高かったこともあり、1960年まで活躍しました。

マチルダⅡ歩兵戦車Mk.Ⅲ/Ⅳ

出典:girls-und-panzer.jp

味方の歩兵を敵戦車の攻撃から護るために開発された歩兵戦車で、最大78mmからなる重装甲は北アフリカ戦線で優位を保ったことから「戦場の女王」と呼ばれました。
多くは地雷除去戦車、火炎放射戦車、架橋戦車などに改造され、第二次世界大戦の終戦まで使用されました。

クルセイダーMk.Ⅲ

出典:girls-und-panzer.jp

イギリスが開発した巡航戦車で、快速性能を活かした敵情の偵察や敵前線の突破を主任務として作られました。
このMk.Ⅲは敵戦車との戦闘を目的としていなかったものを火力強化したもので、そのため故障が増えました。
故障防止のためにリミッターを備えたが乗員の多くが60km/hの最高速度を得ようとリミッターを解除することが多かったために故障が多発していました。

まとめ

淑女の集まりという印象が強い中、ローズヒップやルクリリのようなキャラクターはとても際立って見えます。
紅茶をこぼさないダージリンたちと、紅茶をこぼすローズヒップの相反した魅力に注目していくのも面白いかもしれないですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ