アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【シン・エヴァンゲリオン最終考察】渚カヲルはヴィレの設立者?シンジの父親説など、徹底考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はエヴァシリーズに登場する渚カヲルについての考察記事です。

TVアニメと新劇場版の違い

1995年に放送された『新世紀エヴァンゲリオン』。その一方で2007年から上映された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』もあります。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』は当初、『新世紀エヴァンゲリオン』のリメイク作品だと言われてきましたが、最終的には全く違うストーリーになり、2021年に上映された『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』によってついに完結となりました。ここでは渚カヲルがTVアニメと新劇場版でどのように変化したのか考察します。


引用:amazon.com

死因が異なる

渚カヲルは、碇シンジに殺されるために存在しているキャラといっても過言ではありませんが、TVアニメと新劇場版で死因が大きく異なります。
TVアニメ
TVアニメではエヴァ初号機、つまり碇シンジの手によって握りつぶされてしまいます。碇シンジと渚カヲルはアダムに接触しようとしていましたが、それがリリスであることを渚カヲルは悟ります。サードインパクトの発生条件はアダムとリリスの融合。アダムの魂を持っている渚カヲルがリリスと接触してしまうと、サードインパクトが起こり人類は滅亡してしまうのです。その一方でカヲルがリリスとの融合を拒んでしまうと、碇シンジが乗っているエヴァ初号機が覚醒しサードインパクトが引き起こされます。これに加えてゼーレや碇ゲンドウの思惑が複雑に絡み合っているのですが、ここでは省略します。
渚カヲルは碇シンジのために自らの死を選び、エヴァ初号機によって圧殺されたと捉えていいでしょう。
新劇場版
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』では、DSSチョーカーが鍵になっています。DSSチョーカーとは装着者がエヴァの覚醒を引き起こしてしまう前に、頭部を爆破し確実に殺害するチョーカーのことです。ニアサードインパクトを引き起こした碇シンジの監視のために、碇シンジの首に装着されていました。しかし、DSSチョーカーは渚カヲルによって取り外され、渚カヲルはDSSチョーカーを自分の首に装着しました。そして渚カヲルと碇シンジは世界を救うために、13号機に乗り込みセントラルドグマに乗り込みます。セントラルドグマでは、リリスの肉体にロンギヌスの槍とカシウスの槍が刺さっているはずでしたが2本ともロンギヌスの槍にすり替わっていました。渚カヲルはこれに気づきますが時すでに遅し、碇シンジが2本とも引き抜いてしまうのです。これによって13号機が覚醒してしまいフォースインパクトが発生、それと同時にDSSチョーカーが作動し渚カヲルは爆死してしまいます。

渚カヲルが新劇場版のキーキャラ

TVアニメの段階でも渚カヲルは謎めいたキャラでしたが、新劇場版でも謎が深まるばかりの意味深な発言をします。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』では、渚カヲルがサードインパクトを阻止したときに、「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」という言葉を残します。この「今度こそ」という言葉から、エヴァの世界では何回もループされているのではないか、という憶測がされるようになっていきました。

引用:encrypted-tbn0.gstatic.com

渚司令とは

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』では渚司令という新ワードが登場しました。ここでは渚司令について考察していきます。

シン・エヴァで存在が発覚

『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』のラストパート、碇シンジと碇ゲンドウがマイナス宇宙での対話がされているシーンで、渚カヲルと加持リョウジが登場します。そこで加持リョウジは渚カヲルに対して渚司令と呼ぶのです。この二人の関係性は渚カヲルが上司で部下は加持リョウジということになりそうですが、2人が具体的にどのような連携を取り、どのような目的があったのかは謎のままです。

渚司令がヴィレを設立した?

渚司令が、ヴィレを設立した可能性が高いです。新劇場版においてネルフのリーダーは葛城ミサトが担当していますが、あくまでもリーダーを担当しているだけであって、設立したという描写がされているわけではありません。そしてそれと同時に葛城ミサトがリーダーを担当している以上、加持リョウジがヴィレ設立に携わっている可能性も高いです。渚カヲルの目的とヴィレの目的は一致していることも多いため、渚司令がヴィレを設立したのではないか、だからこそ加持リョウジは渚カヲルのことを渚司令と呼んでいたのではないか、と考察することが妥当でしょう。

渚カヲルは何者?

そもそも渚カヲルは何者だったのでしょうか。エヴァシリーズにおいて最も謎めいた雰囲気を醸し出していますが、考察しやすいキャラでもあります。

渚カヲルは使徒

渚カヲルの正体は使徒です。TVアニメの段階では第17使徒ダブリス、魂は第1使徒アダムそのものでした。新劇場版では第1使徒になっています。
アダム系である使徒はループできる
エヴァでは生命の実と知恵の実という概念が存在します。生命の実を宿している生命体は無限の命を手に入れることができるのです。それは不老不死という概念ではなく、ループ状になっている世界の中でなんどもやり直せるという概念です。エヴァでは第1使徒アダムによって生まれた生命体が使徒と定義されていて、そのうちの一人が渚カヲルなのです。この解釈を理解しておくと、渚カヲルがなぜループできるのかすんなり理解できるかと思います。
その一方で知恵の実を宿している生命体は、無限の命はありませんが知恵をフル活用することができます。それがまさに人類なのです。人類は第2使徒リリスによって誕生した生命体です。厳密に言うと第18使徒リリンとしてナンバリングされるのですが、リリス系の使徒は人類と定義されるのです。

渚カヲルと碇ゲンドウの共通点

渚カヲルと碇ゲンドウにはいくつかの共通点が見られます。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』では、渚カヲルと碇シンジがピアノで連弾していますが、渚カヲルのピアノの技術は中々のものでした。一方碇ゲンドウが心を許していたのは音楽、特にピアノを弾くことが大好きだったようです。また、碇シンジも渚カヲルのことを「父さんと似ている」と表現していることから、渚カヲルと碇ゲンドウはどこか関連性がありそうです。
碇シンジの父親役?
綾波レイが碇シンジの母親役なのであれば、渚カヲルは碇シンジの父親役ではないでしょか。確かに綾波レイと渚カヲルにも「魂が使徒のものである」という共通点があります。ピアノの演奏自体も、世界が正しく回っていたら碇ゲンドウと碇シンジの組み合わせであってもおかしくなかったはずなのです。渚カヲルが碇シンジの父親のように接しているシーンは他にも見受けられます。渚カヲルは碇ゲンドウのクローン説、という考察がネット上で広がっていることもあるのですが、それほど渚カヲルと碇ゲンドウには関連性が見られるのです。

引用:hatena.com/

さいごに

渚カヲルの考察をまとめると以下の通りになります。
渚カヲルは新劇場版を解き明かすキーを握っている
渚カヲルがヴィレを設立した説が濃厚
渚カヲルは世界をループしている
渚カヲルは碇シンジの父親役だった
使徒の性質を理解することで、渚カヲルの言動も大まかには理解できるかと思います。それでも『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』における加持リョウジとのやり取りや、渚カヲルの出生については謎が多い状態です。これらについても、自分なりの考察ができるのがエヴァの魅力です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ