アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの情報が盛りだくさん!

【鬼滅の刃】十二鬼月の下弦の壱を預かる鬼・魘夢の魅力を徹底解説まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


引用:pics.prcm.jp
人気アニメ『鬼滅の刃』ですが、敵キャラは不気味気持ち悪さを極めています。このアニメで赤は一つのテーマカラーに違いありません。主人公竈門炭治郎が使うヒノカミ神楽そして毎回エンディング主題歌に登場する風に揺れる赤い彼岸花。
特に敵キャラの鬼舞辻無惨を始め鬼たちにとってはもっと赤は密接です。
血の赤です。鬼の持つ特殊能力は血鬼術と言われ一応鬼の禰豆子も19話で爆血という血気術で赤をふんだんに発揮しました。

アニメの中でことさらに鬼の赤を極めたシーンがアニメ最後となる26話、鬼舞辻無惨の無限城で開かれたネットに言われるパワハラ会議でした。ここで粛清された下弦の鬼は4名でした。
心を読まれたり余計なことを言ったり次々鬼舞辻無惨の意にそぐわず消されて行きましたね。
その中で唯一免れたのが下弦の壱“魘夢”でした。このシーンを掘り下げ他の下弦と異彩を放つ不気味さを極める魘夢について考察してみたいと思います。

プロフィール

『鬼滅の刃』最初にして最強の鬼、鬼舞辻無惨が選別した最強の鬼十二名、十二鬼月の下弦に属しています。下弦の壱であり眼球に“下壱”と印字があります。「眠り鬼」という別名を持ちますがこれは自分が眠るということではなく夢にまつわる血鬼術によるところです。

テレビアニメでは、26話で鬼舞辻無惨が下弦の伍累が鬼殺隊にやられたことをきっかけに、下弦の鬼の弱さに激怒し、無限城に招集され罵倒された五名の一員としての登場が最初で最後です。

顔が人間的でかえって不気味!でもそこが魅力!

鬼としては個性的と言うべき魅力的な顔立ちです。あくまでも鬼としてはです。下弦の鬼の解体のシーン、例のパワハラ会議に集められた下弦の鬼たちの中だけでも気持ち悪さ不気味指数は明らかに低い方です。角がないのも大きな理由の一つですが一番人間に近いように見えます。ここにいた鬼以外と比較しても禰豆子程ではないもののそこまで人間離れしていないと言えますね。安心して見ていられます。

顔色はかなり悪いものの人でも中にはいるんじゃないかという範疇の土色です。下弦の伍累のように真っ白とか極端だとその他の条件が整ってもとても人とは思えない風貌に変わってしましますしね。この土色はいい感じに人的です。

目鼻立ちも人の中でも整っている部類に入りますね。十分注視できます。もしも涙様のアザがなければ完全に人にしか見えないでしょうね。

目がやたらと釣り上がっていたり、眼球に対して瞳孔の大きさが人としては不自然だったり、目で人との差別化をされている鬼は多いですね。そんな中魘夢の場合むしろ垂れ目で眉毛まで垂れています。眉毛なんかはないなんて鬼も多いのでこれはかなり「もしかして人と?」と思わせられるところです。目の色に至っては冨岡義勇を思わせる青緑色。美しいとさえ思えて来ます。

この顔で鬼って所が魅力ってことですね。この顔あってのえっこの本性!この血鬼術!ってことですよ。

引用:pics.prcm.jp

ゾワゾワッとさせられる信じられない本性!でもそこが魅力!

周囲の人の本性を知ってゾッとするゾワッとするってことはあるでしょうか?日常だとそんなになく、人によって感覚も違うのでどれくらいの頻度というのははっきり言えませんが、ニュースで殺人犯の動機とか聞いてゾワゾワッと来ることはありますね。

鬼滅の刃もそうですが現実を離れればこういうゾワゾワ感を楽しむことはありですよね。魘夢の本性を知れば知るほどこのゾワゾワ感を満喫することが出来ますね。

下弦の鬼の解体のシーンで、自分の審判の時が回ってきて鬼舞辻無惨に「最後に言い残すことは?」と問われ「…他の鬼たちの断末魔を聞けて楽しかった幸せでした。人の不幸や苦しみを見るのが大好きなので。夢に見るほどすきなので。私を最後まで残してくださってありがとう」とうっすら笑みをうかべながら語り出すのです。

人間なら耳を疑う妙極まりないことを言い放っているわけですが、鬼舞辻無惨にとっては模範解答?だったんですね。そして最後に残された下弦の鬼がこんなことを言うとは視聴者としてもドッカーンですよね。

魘夢はこの言葉が認められ、めでたく多くの血を分け与えられることになるのですが、それを意図して言ったのではないということは、その後の展開からも分かります。全くの本性から出た言葉。それを思うとゾワゾワして来ます。色々な愉快犯、猟奇犯の顔が重ね合わさって来ます。愉快犯、猟奇犯の犯行動機などを知ってゾワゾワを楽しんでるなんて絶対公言できませんが「魘夢の気持ち悪さちょっと好き」とかそういうことは堂々と言えるのも良いですね。

男なの?女なの?という謎!でもそこが魅力!

周囲にこの人「えっ男だっけ?」とか「女だっけ?」って人がいるとありふれた日常生活にアブノーマル感がプラスされますよね。生活に味が出ます。そんな一名が魘夢ですよ。性別が明かされていないんです。

テレビアニメでの声優さんは平川大輔さん男性ですね。でも話し方はというと微妙に聴こえます「どっちでしょうか?」。下弦の鬼の解体のシーンで「私は夢見心地でございます…」、「私…」と言ってます。「女性?」と思いますが、大崇拝する鬼舞辻無惨様を目の前にして「俺」は言わないただそれだけでしょうか?

表情は女性的、可愛いとさえ見えます。両手を大きく上げ下げしてまるで宝ジェンヌのように鬼舞辻無惨に向かって語りかける姿は少なくとも完全に男性と言い切れないのです。頬を赤らめながら少し口角を上げている表情もしかりです。100歩譲っても中性まででしょう。

そして正面から横からアングルでちょっと胸が膨らんでいるのではと見て取れます。これは100人が100人否定することは絶対ないでしょう。正座する後ろ姿のアングルでは完全にウエストがくびれ臀部に安定感があります。体つきとしては女性なのでは?と思えます。

服装としては大正時代としては決して多くはなかった洋装です。ブラウスのボタンは上までしっかり閉められだらしがない様子はなく、かつてのアキバ系じゃなければ女性寄りでしょうか。アウターは長めボトムズは花柄とまでは行きませんが縦のストライプです。全く服装どうでもいいって言う人はこれは選ばないですね。ある種の主張を感じとれます。

この服装に違和感がないのはヘアースタイルのせいかもしれません。ツーブロック?違いますか?とにかく二段階です。内側は毛先がグリーンでチョイ長め肩くらいでしょうか。外側は襟足程でピシッ揃えられ毛先は赤ですね。注目するととても不思議なスタイルでもし男性だったとしても相当おしゃれでこだわりを持っていると思わざるを得ませんね。

「男性女性明かしてくれなくてありがとうございます」という所です。男性だとしても女性だとしてもはっきり分かっていたら見ていても全然面白くないですから。「えーーっ!どっちよ~」と思って見るのが楽しいです。

引用:cdn-ak.f.st-hatena.com

鬼にして完全頭脳派!でもそこが魅力!

下弦の鬼の解体のシーンで「悔しいけ!頭いいんじゃん」と思えた所ありましたね。「心理学とか分かってるね」とかそんな感じで。他の4名がやられるなって分かってたのかなと思われる所がチラホラありました。

下弦の参病葉が逃げた時は顔をあげ「愚かだな~」と言っています。その後病葉の首だけが鬼舞辻無惨の手に戻り血がしたたる。という展開でしたが。その結末分かっていたんじゃないかと思えます。結局全ての鬼に対してそう心の声でつぶやいていて全部分かってたんじゃないかって。

下弦の弐轆轤が血を分けて欲しいと無惨に懇願するシーンで魘夢の方がむしろクリアに映し出される場面がありました。無表情で一点を見ています。おそらく全粛清の間この状態だったのではと思えて来ます。つまり、冷静に結果を傍観している。根底には嗜虐性があるには違いありませんが、同時に自分が言うべき模範解答をひそかに模索していたのかもと思えて来ましたね。

このシーンの最後、鬼舞辻無惨に血を分け与えられた時「血の量に耐えきれず死ぬかもしれない」と言われていますね。絶対肉体派、パワー派の鬼じゃないとの根拠に足ります。それでも鬼舞辻無惨に認められたんだから、もちろん「人の不幸を見るのが大好き」とかそういうのが気に入られた主な理由でしょうが、頭脳派って部分もなかったら粛清されてたかもですね。

リモートをフル稼働しての血鬼術発揮!そこが魅力!(ネタばれあり)

アニメでは血鬼術を発揮するシーンはありませんでしたが、下弦の鬼の解体シーンで鬼舞辻無惨から血液と同時に任務の指令を受けて無限列車で柱の煉獄杏寿郎と炭治郎、善逸、伊之助と対峙します。その際夢を操る血鬼術で本領を発揮します。

「無惨スゴッ!」と思わざる得ないのが、列車内の乗客に血鬼術が行き渡るよう、切符のインクに自分の血を仕込ませておき車掌が切符を切った時にその血鬼術が発動するという小賢しいというか、ちょっと拍手せざるを得ないリモートな手を使うんです。

血鬼術事態もやはりリモート。人の夢の外側の無意識に侵入し精神の核を破壊し廃人にしてしまう。究極の標的はあるものの、夢の中にさえ自分は出向かず人を遣わすリモートプレイ。もう訳がわからないサイコロジーどこまで頭脳派!「えーーっ!」ですね。炭治郎たちも夢と現実の行き来を余儀なくされ大混乱させられたのでした。

まとめ(ネタばれあり)

魘夢の魅力お伝えできたと思います。
劇場版で描かれるオリジナル7巻では「俺はこの汽車と融合した!」と「俺」とはっきり言っています。やっぱり男なのか?

鬼が最後を迎えた時の走馬灯もありませんでしたね。人間時代の過去までも全く謎なのです。魘夢の正体は濃霧?濃夢?の中にあるようです。まるで猟奇殺人犯の人物像を追跡するごとく楽しめるキャラクターであるに違いないのです。鬼滅の刃の表裏を楽しむ為に魘夢に注目することは必須ですね。やってみましょう!劇場版も楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択してください

アーカイブ