アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)オタクコンテンツ情報が盛りだくさん!

【K】アニメ1期・2期・映画のあらすじとキャラについてまとめてみた! #anime_k

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2期『K RETURN OF KINGS』 キャラクター
緑の王:比水 流(ひすい ながれ)

・第一王権者「白銀の王」を心から尊敬し、行方を探している
・基本はオウムのコトサカの体を借りて遠隔地からクライズマンに言葉を伝えている
・一度黄金の王に敗れ、自分の心臓を異能力で創造している
・2期でドレスデン石盤が破壊されたことにより心臓が停止し死亡。

灰色の王:磐舟 天鶏(いわふね てんけい)

・緑のクライズマンとして流に仕えてはいるが、その正体は灰色の王
・流の育ての親であり、流は彼が灰色の王だと理解した上で、協力関係をとり石盤を狙う
・2期では流と共に爆発に飲まれ命を落とした
・声優は興津和幸でナレーターとして普段は活動している

緑のクライズマン:御芍神 紫(みしゃくじ ゆかり)

・緑の最高位クライズマン(jランカー)
・先代無色の王にクロと共に仕えていたが今は鞍替えして緑にいる
・弟弟子であったクロに執着をみせているオネエ口調の食えないキャラ
・声優は森田成一。普段はTHE男性!キャラをしているためオネエ口調は貴重である

緑のクライズマン:五條 スクナ(ごじょう スクナ)

・jランカー。國常路家に仕える名家の一人息子であるが、窮屈な家を出て緑のクライズマンとして活動。
・比水と直接会うためにJランカー御芍神紫と対戦しているが今は気安い兄弟のような関係。
・比水の計画を全力で楽しんでいる
・声優は釘宮理恵。女性キャラから少年まで幅広く演じており、ファンは釘宮病を発症しやすい

青のクライズマン:善条剛毅(ぜんじょうごうき)

・先代の青の王の右腕として仕え、最後は自らの手で王の息の根を止めた
・武術に優れているが左手を失っていることもあり、セプター4の資料室の事務員として勤めている
・声優は津田健次郎。…赤の王:周防と同じ声とは思えなかった…声優さんはすごい。

2期『K RETURN OF KINGS』 あらすじ

出展 : (c) GoRA・GoHands/k-7project (c) KING RECORD.CO.,LTD. : 「K RETURN OF KINGS」オフィシャルサイト

緑の王と灰色の王の野望

「赤」「青」「白銀」「無色」4人の王が衝突した戦いから1年。未だに白銀の王:シロは姿をくらましたままだった。消息を絶った自分らの王を探すクロとネコは「緑の王」比水流が率いる「緑のクラン」Jungleと抗争する。どうやらjungleは「赤」「青」「白銀」の人間を標的にし、人員を倒すごとにポイントが付与され、ポイント獲得者は各ランクに応じて異能力が変わるという、まさにゲーム感覚。

今までなりを潜めていた緑のクランがなぜ今動くのか?
その疑念を解き明かしたのは、ようやく姿を現した白銀の王:シロだった。

日本の統治に大きく関わっていた黄金の王:國常路 大覚が亡くなったことにより、どうやらjungleは彼が管理していた「ドレスデン石盤」を狙っているらしい。7人の王が誕生する原因となったドレスデン石盤は力の根源。すべての異能力の源である。

何が目的かはさて知らず、緑の横行を許すわけにもいかない赤・青・白銀は「ちゃぶ台同盟」を結成し、緑のクランを迎え撃つ。しかし、比水の弱点まで抑えたのは良かったものの、隠し玉として彼の配下に「灰色の王」がいることを知らなかった一行は一時ドレスデン石盤を奪われる形となる。

その際、最終砦を担っていた青の王の敗北は伏見を失望させ、伏見は青のクランを脱退。あろうことかjungle側に寝返った。また、jugleが各国官僚と関係を持ち、すべての人間に異能力を解放すると宣言したことにより、国の狗であった青のクランは見限られ、青の王は総理大臣に除名を命じられて席を外す。

緑の王と灰色の王が目指すもの。
それは誰もが平等に異能力を手にし、自分の力で生きる世界。

2人は先先代の赤の王がダモクレスの剣を落とし(ダモクレスダウン)、日本に大打撃を与えた際の被害者であった。住む場所を、家族を、仲間を失った大惨事において、かつて平和主義者として歌われた灰色の王は力なき人間が何もできないまま死ぬのはおかしいと、力の解放にドレスデン石盤を使う。

ドレスデン石盤が盗まれて1ヶ月。徐々に現れていた異常事態は加速を極め、日本全土で一般人の異能力の暴走事件が起きる。このままではいけないと、それぞれのクランは石盤奪還を志す。

王として一人対峙しようとする青の王。
青の王という指揮官を失いながらも援護しようと自らの王を追う青のクラン。
先代の赤の王:周防の意識を受け継いて、新たな赤の王:アンナの元に集う赤のクラン。
すべての王の始まりであり、落とし前を付けようと知性を絞る白銀の王。
青のクランを裏切ったーーーと見せ、青の王への忠義の元、暗躍する伏見。

それぞれの思いが交差し、「緑の王」「灰色の王」両名の死をもって戦いは終着を見せた。

ドレスデン石盤を破壊するために、自らのダモクレスの剣を落としたシロはーーー、

その後、学園島で教壇に立っていたーーー

1

2

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ