アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)オタクコンテンツ情報が盛りだくさん!

【すわっぷ⇔すわっぷ】優等生とギャルがキスで入れ替わる百合コメディ!女の子同士のキスの名は? #すわっぷすわっぷ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出展 : Amazon.co.jp

きらら系4コマ誌「まんがタイムきららキャラット」で連載されている人気作品『すわっぷ⇔すわっぷ』がどんなマンガなのかをまとめてみました!
女の子同士がキスすることで入れ替わるという特殊百合シチュエーションコメディの魅力に迫ります!
後半では”入れ替わり”を漫画でどうわかりやすく表現しているのか?といった表現技法もまとめてみました!

Kissからはじまる百合ワールド

『すわっぷ⇔すわっぷ』は、とめきち先生が手掛けている4コママンガ作品です。

まんがタイムきららキャラット2014年10月号~12月号にゲスト掲載され好評を博し、2015年3月号より連載開始。
2018年9月現在、コミックスは3巻まで敢行されています。

そんな本作の物語は「2人の女子高生・一之瀬春子(いちのせ はるこ)と二階堂夏子(にかいどう なつこ)が登校中にぶつかってしまい、中身が入れ替わる」というシーンで幕を開けます。

ただし本作の場合、ぶつかったことが入れ替わりの直接的な原因ではありません。
唇同士の触れ合い――――すなわち「キス」で中身が入れ替わるのです。

その後、入れ替わる(元に戻る)方法が判明したことで、2人は女子同士でありながらキスを重ねていきます。
やがてそのキスは、ただ単に入れ替わりの手段というだけでなく、2人にとって絆を深める特別な行為となっていくのです。

全編コメディでライトな雰囲気ながら、微かな背徳感とエモーショナルなドラマも描かれた百合作品。
それが『すわっぷ⇔すわっぷ』という物語です。

登場人物が可愛い&良い子ばかり!

本作の中心となるのは主人公格の2人、春子夏子です。

春子は黒髪で二つ結びの一見素朴な女の子で、その見た目の印象通り優等生……なのですが、同時に「巨乳好き&セクハラ好き」「無類のゲーム好き」など問題児要素も備えています。
夏子と知り合うまでは友達も少なかったようで、夏子が家に遊びに来た際には母親が感動するほど。
基本的に大らかで割り切った考えの子で、当初から夏子とのキスにはほとんど抵抗を感じていませんでした。

一方、夏子は春子とは正反対で、見た目は金髪ギャルで勉強は大の苦手なのに性格は真面目でピュア。
男が苦手で、バイト仲間の男性ともロクに会話できない模様。
そんな彼女なので、春子とキスをする際には毎回恥じらいの表情を浮かべていました……が、回数を重ねるごとに慣れてきたらしく、入れ替わることでメリットが生じるシチュエーション(素っ気ない態度をとる同級生に春子の姿でその理由を聞き出したい…等)の場合は率先して行為に及んでいます。

その夏子の友達として登場し、春子とも仲良くなった遊佐五月(ゆさ さつき)東条夢芽(とうじょう ゆめ)も魅力的な女の子です。
五月はサバサバしていそうな見た目に反し、4人の中で最も常識人かつ貞操感もしっかりした子で、共働きする両親の代わりに2人の弟の世話をするなどしっかり者
夢芽はおっとりとした見た目で性格も柔和ですが、自分も「入れ替わり」ができないかと春子にキスを迫るなど小悪魔チックなところもあります。

また、キスで入れ替わるのは春子と夏子だけではありません。
2人の同級生で強気な性格の四方冬美(しかた ふゆみ)と、身体が弱く家からあまで出られない三島秋穂(みしま あきほ)も同じ体質のペア。
登校が困難な秋穂と入れ替わり、彼女の身体で冬美が登校するなど、入れ替わりを最大限活用した彼女たちの日常も本作の見所の1つとなっています。

更には、2年時の春子の担任・十二所千夏(じゅうにしょ ちなつ)も入れ替わり体質の持ち主と判明。
かなりの巨乳で、そのサイズはなんと「G」
巨乳好きの春子が吸い寄せているのか、彼女の周りには胸の大きな女子が集まるようです(ただし本人は……)。

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ