アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)オタクコンテンツ情報が盛りだくさん!

【ハイスコアガール】アニメにも登場したレトロゲームまとめ #ハイスコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ぷよぷよ

出展 : Amazon.co.jp

1991年にコンパイルが発売した落ち物パズルゲームです。
「テトリス」と並びこのジャンルを長年牽引し続けるメジャータイトルで、「ぷよ」を連ね消してい行く爽快感と独自のルール、多くのキャラクターが採用されているところが大きな特徴です。
本作を作ったコンパイルの経営破綻によって、現在はセガグループに権利が移行しています。

作中では中学編冒頭に当時を代表するゲームの1つとして登場。

餓狼伝説2

出展 : Amazon.co.jp

1992年に登場したSNK制作の2D対戦格闘ゲームです。
1991年発売「餓狼伝説 宿命の闘い」の続編で、不知火舞などを加えたこの2で大ブレイクしました。
当時を代表する格闘ゲームの1つとして、現在でも根強い人気を誇っています。

作中では中学編冒頭に当時を代表するゲームの1つとして登場。
「餓狼伝説」「餓狼伝説スペシャル」の名も別のシーンに登場しています。

ダークエッジ

セガから1993年に発売された対戦格闘ゲームです。
コンピュータによって支配された世界を取り戻すために立ち上がった者たちを操作するゲームで、フィールドの広さが特徴。
格闘ゲーム全盛のタイトルで当時の人気も高かったにもかかわらず、コンシューマに移植されていない珍しい作品です。

作中では中学編冒頭に当時を代表するゲームの1つとして登場。

バーチャファイター

出展 : Amazon.co.jp

1993年に稼動した、対戦格闘ゲームの歴史に残る名作です。
セガの代表的なゲームの1つでもあり、シリーズ最大のヒット作となった続編「バーチャファイター2」のコンシューマ版はミリオンセラーも達成しました。

本作最大の特徴は、ポリゴンによる3D描画。
このポリゴンは当時の最先端技術として『ファイナルファンタジーVII』などにも導入されていましたが、『バーチャファイター』はこの技術の代名詞として現在も語り草となっています。

作中では中学編冒頭に当時を代表するゲームの1つとして登場。

天地を喰らう

出展 : Amazon.co.jp

本宮ひろ志先生の同名の人気マンガを題材としたアーケードゲームで、1989年にカプコンが稼働を開始しました。
ジャンルはベルトスクロールアクション。
同じ年にファミリーコンピュータ用ソフトとしてリリースされた同タイトルのゲームは違う作品で、そちらのジャンルはシミュレーションRPGとなっています。

日高の家に設置されたゲームの1つとして登場(新装版「CONTINUE」、アニメ版)。

熱血硬派くにおくん

出展 : Amazon.co.jp

1986年にテクノスジャパンから販売されたアーケードゲームで、ベルトスクロールアクションを代表するタイトルであり、後に様々なジャンルでシリーズ化した名物タイトルの1作目としても有名です。
不良の「くにお」を主人公とした一対多人数のバトルもので、当時はあまり見られなかった音声による演出も導入されています。
「熱血高校ドッジボール部」や「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」とは違い、キャラが二等身ではなく五頭身程度で描かれているのも特徴です。

日高の家に設置されたゲームの1つとして登場(新装版「CONTINUE」、アニメ版)。

セプテントリオン

出展 : Amazon.co.jp

1993年に発売されたスーパーファミコン用ゲームソフトです。
制作会社はヒューマン、ジャンルはアクションアドベンチャー。
シネマティックライブシリーズの第1弾と銘打たれたゲームで、映画のような迫力や臨場感をゲームで表現しようとした意欲作です。

日高が興味を抱いたゲームの1つとして登場。

弟切草

出展 : Amazon.co.jp

チュンソフトの自社ブランド第1弾、かつサウンドノベルシリーズの第1作として1992年に発売されたスーパーファミコン用ゲームソフトです。
ノベルゲームのパイオニアであり、オトギリソウをモチーフにしたホラー要素の強いストーリーは非常に高い評価を得ています。
このジャンルとしては異例の売上本数も記録し、チュンソフトの出世作となりました。

日高が興味を抱いたゲームの1つとして登場。

龍虎の拳

出展 : Amazon.co.jp

SNKが1992年に発売したネオジオ用対戦型格闘ゲームです。
「ストリートファイターII」を意識した作風に独自のシステムを導入しています。

『ハイスコアガール』が一時期連載を中断する理由となった、著作権侵害問題の対象となったタイトルの1つ。
廃版となった旧2巻の冒頭や日高が初めてプレイしたゲームとして登場(新装版「CONTINUE」、アニメ版には未登場)。

サムライスピリッツ

出展 : Amazon.co.jp

SNKを代表する人気ゲームで、格闘ゲームを代表するタイトルの1つです。
1993年に1作目がリリースされて以降シリーズ化し、10作品以上のタイトルを輩出しました。

武器を用いて戦うという当時の格闘ゲーム業界では異例の作品で、独自の操作性を誇示。
またプレイヤーキャラクターの1人・ナコルルが絶大な人気を集め、様々な作品にゲスト参加しています。

作中では重要なゲームとして度々登場していました……が、著作権侵害問題により新装版「CONTINUE」、アニメ版には未登場となっています。

ファイヤースープレックス

出展 : Amazon.co.jp

1993年にSNKが稼動を開始したプロレスゲーム。
作中では日高の家に設置されたゲームの1つとして登場しました……が、著作権侵害問題により新装版「CONTINUE」、アニメ版には未登場となっています。

ワールドヒーローズ2

出展 : Amazon.co.jp

ADK制作の対戦型格闘ゲーム。
1992年に発売された1作目が人気を博し、以降シリーズ化されました。

作中では日高の家に設置されたゲームの1つとして登場しました……が、本作の版権はSNKが引き継いでいるため、新装版「CONTINUE」、アニメ版では差し替えられています。

スウィートホーム

出展 : Amazon.co.jp

同名の映画をカプコンがゲーム化したファミリーコンピュータ用RPG。
作中では日高が興味を抱いたゲームの1つとして登場……も、映画版が利権問題で裁判沙汰になったことがある影響からか、新装版「CONTINUE」、アニメ版では未登場となっています。

まとめ

わずか4話、単行本2巻の序盤まででこれだけの数のゲームが登場しているのはスゴいですよね!
リメイクやバーチャルコンソールなどで今でもプレイできるタイトルが結構あるので、気になるゲームがあったらチェックしてみてください♪

【ハイスコアガール】SNK事件から4年……ついに放送へ【2018年夏アニメ】 #ハイスコ #ハイスコアガール

公式PV

1 2

3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ