アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)オタクコンテンツ情報が盛りだくさん!

【ゆらぎ荘の幽奈さん】ジャンプの限界に挑んだ過激ラブコメディ【2018夏アニメ】 #ゆらぎ荘の幽奈さん #ゆらぎ荘アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 : (c)ミウラタダヒロ/集英社・ゆらぎ荘の幽奈さん製作委員会 : TVアニメ「ゆらぎ荘の幽奈さん」公式サイト

ジャンプ連載『ゆらぎ荘の幽奈さん』のテレビアニメ放送がいよいよ迫ってきました!
今年の夏を彩ってくれる本作の魅力をまとめてみました!

ジャンプ作品がこんなに過激でいいの?

『ゆらぎ荘の幽奈さん』は、ミウラタダヒロ先生が週刊少年ジャンプで連載中のマンガ作品。
生まれながらに霊から憑依されやすい主人公・冬空コガラシ(ふゆぞら コガラシ)が、除霊したら家賃無料という条件をクリアするため、いわくつきの温泉宿「ゆらぎ荘」で奮闘する物語です。

ゆらぎ荘の住人は、女子高生地縛霊の湯ノ花幽奈(ゆのはな ゆうな)をはじめ、妖怪退治を目的とする霊能忍者の雨野狭霧(あめの さぎり)、酒呑童子の末裔の鬼・荒覇吐呑子(あらはばき のんこ)、猫神に憑依されている伏黒夜々(ふしぐろ やや)、見た目ロリの管理人・仲居ちとせ(なかい ちとせ)など、可愛いけど一癖も二癖もある女の子ばかり。
彼女たちにクラスメイトの美少女・宮崎千紗希(みやざき ちさき)も加えた面々とコガラシとの交流や恋の行方が大きな見所となっています。

しかし最大の注目点はやはりキワどい描写!
本作は、ジャンプのお色気担当マンガとして男性から熱い支持を集めています。

ジャンプは王道の少年マンガ誌ですが、同時に『電影少女』『I”s』『いちご100%』『To LOVEる』など、お色気マンガを定期的にヒットさせてきた雑誌でもあります。
『ゆらぎ荘の幽奈さん』はこれらレジェンド作品と比較しても露出度はかなり高く、ジャンプの限界に挑んだマンガと言えるかもしれません。

一番人気のキャラは誰?

出典 : (c)ミウラタダヒロ/集英社・ゆらぎ荘の幽奈さん製作委員会 : TVアニメ「ゆらぎ荘の幽奈さん」公式サイト

エッチな描写の多さで人気の『ゆらぎ荘の幽奈さん』ですが、いくら露出度が高くても女の子が可愛くなければ根強い人気は得られません。
本作はその魅力もしっかり備えているため、アニメ化を達成するほどの人気作になったと断言できます。

では、一体どの子が一番人気なのでしょうか?
実は既に公式で人気投票が行われているので、どのキャラが人気を集めているのか既に判明しています。

本作で一番人気の女の子は、メインヒロインの地縛霊、幽奈!
タイトルになるくらいの中心人物だけあってダントツの票数(3112票)を獲得していました。

彼女の魅力はポンコツかつ巨乳、そして全く幽霊らしくないところです。
ポルターガイストをはじめ幽霊らしい特殊な技能は幾つもありますが、人畜無害で他人を驚かすような真似はせず、むしろ優しくてフレンドリー
お供え物を食べたり日焼けしたりとやりたい放題なところもあるものの、身を挺してでも他人を助けようとするなど、人間よりも人間らしさを備えています。

そんな幽奈のライバルとも言える存在が人気投票2位(1859票)の千紗希
容姿端麗で性格も良く料理も上手と完璧な女の子にもかかわらず、妙にエッチな妄想癖があって悶々とする姿は、まさしく男子の理想像です。

この作品は、46話「新しい朝と幽奈さん」で千紗希が幽奈のコガラシへの恋心を指摘し、自身もコガラシへの気持ちを自覚したことで、本格的にラブコメとしての歩みを始めます。
千紗希がそのスイッチを入れたキャラと言ってもいいでしょう。

また、登場する時期が遅かったため人気投票では7位でしたが、雨野雲雀(あめの ひばり)も人気急上昇中です。
狭霧の従妹で同じ霊能忍者ながら全ての面で狭霧に劣っているというコンプレックス持ちで、そんな自分を正面から受け止めてくれた(+ナンパから助けてくれた)コガラシを好きになり、一気にゆらぎ荘の住人&レギュラー格となりました。
現在開催中の第2回人気投票では間違いなく上位に入ると思われます。

『いちご100%』や『To LOVEる』、或いは『ニセコイ』もそうですが、ジャンプのラブコメはメイン以外のヒロインが一番人気になりやすい傾向があります。
今は幽奈の強さが際立っていますが、今後は千紗希や雲雀が恋愛でも人気でも逆転する可能性はあるかもしれませんね。

何巻までアニメ化されそう?

出典 : Amazon.co.jp

ある程度ストックに余裕のある状況でアニメ化されるジャンプ作品は、1クールでも結構先まで進む傾向があります。
例えば同じラブコメの『ニセコイ』は1期で6巻までアニメ化されました(カットしたエピソードもあり)。
『食戟のソーマ』に関しては1期で8巻の序盤まで進んでいます。

2018年6月10日現在、『ゆらぎ荘の幽奈さん』が何クールの放送になるのかは判明していません。
2クール放送された『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の後枠なので、2クールの可能性もあります。

もし1クールだと、雲雀登場(第32話)まで届くかどうかは微妙なところ。
とはいえ、雲雀はもちろん幽奈の恋の自覚(46話)、幽奈・千紗希・雲雀の告白(49話)をやらずしてゆらぎ荘のアニメとは言えないんじゃないでしょうか!?

なので、1クールの場合はエピソードを幾つかカットしてでも【6巻】までは進むと予想します。
分割を含む2クールの場合はもっとゆっくり進行すると思われます。

作品情報

・スタッフ
原作:ミウラタダヒロ(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長澤剛
キャラクターデザイン:竹谷今日子
シリーズ構成:子安秀明
音響監督:明田川仁
音楽:菊谷知樹
アニメーション制作:XEBEC

・キャスト
冬空コガラシ:小野友樹
湯ノ花幽奈:島袋美由利
宮崎千紗希:鈴木絵理
雨野狭霧:高橋李依
荒覇吐呑子:加隈亜衣
伏黒夜々:小倉唯
仲居ちとせ:原田彩楓
神刀朧:小松未可子
信楽こゆず:春野杏

『這いよれ!ニャル子さん』の長澤剛監督が指揮を執り、『三者三葉』などを手掛けた子安秀明氏がシリーズ構成ということで、安定感のあるドタバタ日常コメディが楽しめそうです!
『To LOVEる -とらぶる-』シリーズを長年作っているXEBECが制作なので、女の子の可愛さも全く心配無用です!

まとめ

ジャンプ作品ということで知名度はかなり高く、公式PVの閲覧数も既に170万回を突破するなど、早くも勢いを感じます!
幽霊モノですが悲壮感はあまりなくエロコメらしい明るいストーリーなので、身構えずに観られるアニメなのもいいですね♪

公式PV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ

モエミーTwitterをフォロー