アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなどの気になるコンテンツ情報が盛りだくさん!

menu

moemee(モエミー)オタクコンテンツ情報が盛りだくさん!

【パラレルパラダイス】天才・岡本倫のビュルビュルハーレムファンタジー!【おすすめコミック】 #パラレルパラダイス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『エルフェンリート』『極黒のブリュンヒルデ』などで知られる漫画家・岡本倫先生が連載しているファンタジー作品『パラレル・パラダイス』。
「高校生が異世界に転生する」といった一見よくある設定ですが、これがとんでもなくぶっ飛んでいるんです!
異色SEXYファンタジーと呼ばれる本作の、その異色たる理由と魅力を紹介していきたいと思います!

あらすじ

高校生・太多陽太(ヨータ)は、ある日学校で謎の侵入者に襲われ、校舎から転落。
目覚めるとそこは赤と青の双月が浮かぶ異世界の山中だった。
異変に気づき駆けつけた女騎士・ルーミと出会ったヨータは、出会って早々にルーミに猛烈に浴場され迫られます。
鳥の姿をした地縛神・ジーニアスは、この世界では男が存在しない状態が三千年も続いていること、女には遺伝子レベルで男に対する免疫がないことをヨータに告げ、交尾をすることを命じるのでした。

登場人物
太多陽太/ヨータ

出典:yanmaga.jp

謎の侵入者に襲われ、異世界に転生した高校生。
武芸の心得があり、魔物に襲われた際に立ち向かえるくらいの実力はあるが、本人は「アマチュア」と称している。
年頃の青少年らしくエッチなことに興味はあり、ドSで鬼畜な面を見せるが、基本的に非人道的な行為は好まない様子。

ジーニアス

出典:yanmaga.jp

3本足の喋る白鳥(八咫烏)でミースの地縛神。
ヨータが来た世界の真実を知り、ヨータに伝えると同時に改革女性達を救うことを依頼します。
しかし、地縛神のためか行動範囲が狭く、得られる情報の精度も低い。

ルーミ

出典:yanmaga.jp

シーザー王国のクインテッドの一人で聖騎士(パラディン)。
剣の腕前は王国随一だが、少々ポンコツなのが玉に傷。
異世界に来たヨータが初めて出会った女性で、最初はヨータの存在に驚き、避けていたが次第に好意を持ち始めます。

リリア

出典:yanmaga.jp

クインテッドの一人で弓使い(アーチャー)。
王国随一の名手で一見真面目に見えるが、かなりの性的好奇心を持っています。
ヨータに好意を持ちながらも、それ以上に交尾に重点を置いているため、複雑な思いを抱いています。

女性しかいない世界

ヨータが転生した世界、それはルーミをはじめ、人間は女性しか存在しないハーレムともいえる世界でした。
しかし、ここに住む女性達は想像を遥かに超えた存在でした。
この世界には以前に男が存在していましたが、それはもう三千年以上も前の話で、男性という存在は知っていても免疫がありません。
その上、男性が触れた瞬間に発情して股間から分泌液を出してしまうという、とんでもない体質まで持っていたのです!
彼女達には「嫉妬深い神」の呪いがかかっていて、20歳になると寿命を迎え消滅してしまいます。
ジーニアスによると、交尾をすると首にアザが表れ呪いは解除されるのですが、長年の男性不在により情報が風化し、そのことを女性達は知らない様子。
世界の女性達にヨータの素性を知られるのはヨータにとって(いろいろと)危険ということで、女性と偽りながらもヨータは女性達を救うことを心に決めるのでした。

考察欲をくすぐる巧みな設定

とんでも設定の目立つ印象ですが、非常に考察しがいのある設定が散りばめられているのが本作品。
ここでいくつか挙げてみましょう。

「欲情の泉」の謎

欲情の泉」というのは、女性が発情した時に股間から分泌される粘液のことで、ジーニアスが言うには男性が現れた際、スムーズに受け入れられるように変化したものとのこと。
ここで疑問なのが、「なぜ男性が絶滅して三千年以上も経った世界で、男性ありきの変化をしたのか」です。
あと、「欲情の泉」には摂取すると気を失ってしまう「麻薬」のような作用を持っています。
さらには個人によって違った匂いがあるなど、なぜそういった性質を持っているのか謎です。

「嫉妬深い神」とは?

この世界の女性たちが20歳になると消滅すること、それが「嫉妬深い神」の呪い。
では、嫉妬深い神が表れたきっかけは?そもそも、何に対する嫉妬なのでしょうか?
女性に関する嫉妬で連想されるものとして「男性への独占欲」が思い浮かべられますが、そもそもこの世界には三千年以上も男性が存在していません。
絶滅した理由にも結びつきそうな、この物語の重要ポイントな気がしますね!

「カル」について

カル」はこの世界の女性達の天敵とされている魔物で、襲われた女性はカルの分泌する毒液によって死んでしまいます。
一体、なぜカルは存在し、女性ばかり襲うのでしょうか?
ここのポイントは「男性であるヨータに会うと逃走してしまうこと」「カルの発する声と、男性であるヨータの声が似ていること」です。
「カル」と「男性」はどんな関係を持っているのでしょうか?

どうやって子供が生まれるのか

男性が存在しない、女性だけの世界でどうすれば子供が生まれるのでしょうか。
その答えは、ミールの中央にある城から定期的に赤子が運ばれてくるというものでした。
いやいやいやwそれだけでは納得できません!
それなら、どうやってその赤子ができるのかが気になりますよね?
ここも闇の深そうなポイントです。

この他にも「死と消滅の違い」「交尾後に表れるアザの意味」など、読んでいく中で謎な部分が多すぎる作品です。
これらが何を意味しているのか、どう結びついていくのか気になるところです。

まとめ

一見女性だらけの、その名の通り「パラダイス」な作品かと思いきや、とんでもない設定で溢れています。
エロくないエロだけどエロいといった、ただでは終わらない岡本倫先生らしい作品となっているので、ぜひ読んでみてくださいね!

「パラレルパラダイス」(岡本 倫) 第3巻 発売CM

【漫画『パラレルパラダイス』公式ページ】http://yanmaga.jp/contents/parapara/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

言語を選択してください

A8

アーカイブ

モエミーTwitterをフォロー